ザ・ウィークエンド、新曲「Heartless」は、元カノセレーナ・ゴメスとベラ・ハディッドとの破局を歌ったもの…?[音源あり]

左からセレーナ・ゴメス、ザ・ウィークエンド、ベラ・ハディッド

人気歌手のザ・ウィークエンドが、待望の新曲「Heartless」をリリース。その歌詞の内容が、元カノで人気歌手/女優のセレーナ・ゴメスと、現在復縁を果たした恋人でモデルのベラ・ハディッドとの、過去の破局を歌ったものではないかとウワサされている。E!Newsなどが伝えている。

【音源】ザ・ウィークエンド「Heartless」

ザ・ウィークエンドといえば、人気モデルのベラ・ハディッドと2015年から交際をスタートさせたが、破局と復縁を繰り返し、最近また復縁を果たしたと報じられた。またザ・ウィークエンドはベラと破局していた2017年のはじめから約10か月間、セレーナ・ゴメスと交際していた。

そんなザ・ウィークエンドが、2018年3月の「My Dear Melancholy」以来、約1年半ぶりに新曲「Heartless」をリリースした。

同曲はザ・ウィークエンドの美声が引き立つ、ビートが響くR&B調で歌詞には「なんでって?だったオレは無情(Heartless)だから。そしてぼくはオレのやり方にも戻るんだ。無情だからね。このお金と痛みがオレを無情にした。底辺の生活さ。だってオレは無情だから」「いい男にはなろうとしているけどオレは無情なんだ。無情なやつには結婚生活の計画なんて決してない」「オレは心を失った。いつも正しいことをしようとするけど、今回は君を失ったと思った。そして君はオレの人生に戻ってきたんだ」とある。

歌詞を見る限り、「君はオレの人生に戻ってきたんだ」はベラのことを指しているに違いない。またこの曲は失恋ソングで、ベラはもちろんセレーナのことも含まれているのではないかと思われる。

またザ・ウィークエンドが過去にリリースした楽曲「Call Out My Name」はその歌詞からセレーナのことを歌っていると大きく報じられ、またセレーナのことをバッシングしているような内容が話題となった。「Heartless」は過去の失恋に疲れ、またベラのところに戻ることを決断した曲のようにもとらえられる。

さらにザ・ウィークエンドは、今後新アルバムをリリースするようで、「Heartless」はその第一弾シングルだと言われており、近々さらなる新曲「Blinding Lights」もリリースする予定であることが明らかになっており、さらにセレーナのことを歌ったと思われる楽曲「Like Selena」というタイトルの楽曲も、アメリカの著作権管理団体「ASCAP」のサイトに登録されていたことから、今後リリースされるのではないかとウワサされている。

セレーナ・ゴメス、ベラ・ハディッドのことを「最悪」とコメントしファンたちはびっくり! すぐに弁解コメントを投稿

2019年11月20日

セレーナ・ゴメス、元彼ザ・ウィークエンドの彼女ベラ・ハディッドを再びフォロー! 友情に復活の兆し…?

2019年11月7日

セレーナ・ゴメス、滞在していたバーであの元カレの曲が流れる! その時のセレーナの意外な反応とは[動画あり]

2019年10月14日

ベラ・ハディッドとザ・ウィークエンドが、破局から2か月でなんとまた復縁

2019年10月12日

ザ・ウィークエンドとベラ・ハディッドが破局! しかし今後また復縁の可能性も…?

2019年8月7日
tvgrooveをフォロー!