トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」2021年&2022年に新作公開が決定! クリストファー・マッカリー監督続投

トム・クルーズと、クリストファー・マッカリー

トム・クルーズ主演の人気映画「ミッション:インポッシブル」シリーズが、2021年と2022年に新作を公開する予定を明らかにした。

映画「ミッション:インポッシブル」は、1996年から続く人気シリーズ。トム・クルーズ演じる敏腕エージェント、ご存じイーサン・ハントの活躍を描き、これまでにシリーズ6作を公開。近年ではトム自身による身体を張ったアクションも見どころのひとつとなっている。

トム・クルーズは自身のSNSを通じ、2021年と2022年の夏に、「ミッション:インポッシブル」の新作を公開することを発表。昨年夏の最新作「フォールアウト」ヒットを受け、異例の二作まとめての続編決定アナウンスとなった。

Hollywood Reporterによる続報によれば、シリーズ7作目&8作目、両作ともクリストファー・マッカリーが監督を続投する。マッカリーは、4作目「ゴースト・プロトコル」(2011)の脚本でシリーズ初参加。続く5作目「ローグ・ネイション」(2015)「フォールアウト」(2018)では監督を務め、新作では両方を兼ねることが決定している。

トム・クルーズの主演は既定路線だが、現時点において彼を除くレギュラーキャスト、ヴィング・レイムスサイモン・ペグミシェル・モナハンらの出演可否は明らかにされていない。

シリーズはクリストファー・マッカリーが関与して以来、興行収入も上昇。「フォールアウト」はシリーズNo.1ヒットを記録し、放送映画批評家協会賞も獲得した。クリストファー・マッカリーは、いまや大手を含む複数のプロダクションが取り合うほどの売れっ子となったが、トム・クルーズとの友情を優先させシリーズ続投を決めたと同メディアは伝えている。

トム・クルーズ

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、あのキャラは死ぬはずだった!? & ブラントが登場しなかった理由を監督が告白

2019年1月4日