“レゲエの帝王”ショーン・ポールが約1年ぶりの新曲「Calling On Me」をリリース!スウェーデンが生んだポップ・スター、トーヴ・ローとコラボ

SP&TL_5U2A9025

2000年代から“ダンスホール・レゲエ界の帝王”として唯一無二の存在感を放ち、絶大な人気を誇るショーン・ポール。昨年3月に“ラテン・ミュージック界の貴公子”J. バルヴィンと共演を果たした「Contra La Pared」以来、約1年ぶりとなる新曲「Calling On Me」をリリースした。

Sean Paul, Tove Lo - Calling On Me (Visualiser)

ここ数年、SIA、デュア・リパ、クリーン・バンデット、ニッキー・ミナージ、デヴィッド・ゲッタ、ミーゴス、J. バルヴィン、DJスネイク等、錚々たるアーティストたちと共演曲をリリースし、軒並みヒットさせてきた“コラボ王”のショーンが、今回選んだのはスウェーデンが生んだポップ・スター、トーヴ・ロー。2013年に全米3位を記録した大ヒット・シングル「ハビッツ(ステイ・ハイ)」で有名な彼女との共演曲は、お互いの特徴が躍動するアップ・テンポなダンス・チューンだ。

この曲についてショーンは“「コーリング・オン・ミー」は本物の愛がもつ側面を反映したドープな曲なんだ。もし誰かを本当に愛していたら、そのエネルギーは不変なのさ。いつ何時でもあてに出来るんだ。今回、トーヴ・ローのような素晴らしいヴォーカリストに参加してもらってとても光栄だよ”と語っている。


■シングル情報
Sean Paul x Tove Lo “Calling On Me”
ショーン・ポール x トーヴ・ロー「コーリング・オン・ミー」 https://umj.lnk.to/SeanPaul_ft_ToveLo

■LINKS
日本公式ホームページ  https://www.universal-music.co.jp/sean-paul/

人気ラテン・ボーイズグループ「CNCO」、清水翔太の名曲「My Boo」を海外アーティストとして初カバー! 日本独自企画アルバムも発売決定!両者コメント動画も到着

2020年1月24日

グラミーに7度輝く世界的プロデューサー、マーク・ロンソン 待望の新作は失恋の物語 ー マイリー・サイラス、カミラ・カベロ、アリシア・キースらを迎えたニューアルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』がついにリリース

2019年6月21日
クリーン・バンディット

クリーン・バンディット、新曲「Mama」のミュージック・ビデオを公開! 近年の世界情勢を風刺するかのような作品に

2019年2月28日
tvgrooveをフォロー!