タイカ・ワイティティが手掛ける予定の実写版『AKIRA』の制作が延期へ!原因は『マイティ・ソー』?

BEVERLY HILLS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, USA - FEBRUARY 09: Taika Waititi arrives at the 2020 Vanity Fair Oscar Party held at the Wallis Annenberg Center for the Performing Arts on February 9, 2020 in Beverly Hills, Los Angeles, California, United States. (Photo by Xavier Collin/Image Press Agency) Where: Beverly Hills, California, United States When: 09 Feb 2020 Credit: WENN/Avalon **WENN/Avalon**

『ジョジョ・ラビット』で知られるタイカ・ワイティティ監督。彼は、「スター・ウォーズ」の初のTVシリーズである「マンダロリアン」でも監督を務め、さらに、『マイティ・ソー』のシリーズ最新作『Thor: Love and Thunder(原題)』の制作のために、オーストラリアへ渡豪することも、先日トーク番組で明らかにした。

オーストラリアへと向かうことを発表したタイカ・ワイティティ↓(5:16ごろ)

『Thor: Love and Thunder(原題)』の制作など、多忙を極めるタイカ・ワイティティ。一方で彼が監督を務めることが決定していた、大友克洋の世界的有名なコミックの実写化映画『AKIRA』の話がどんどん先延ばしにされているようだ。

SCREEN RANTによると、『AKIRA』の制作が先延ばしにされていることは、やはり『Thor: Love and Thunder(原題)』の製作期間が重なっていることが理由のようだ。2019年にワーナー・ブラザースは、『AKIRA』の映画化に向けて動いていたものの、なかなか企画が前に進まなかった。当初は2019年の7月に撮影が開始し、2021年の5月公開を目標にしていたようだ。しかし、『Thor: Love and Thunder(原題)』はリリース日が2021年の11月となっておりスケジュールが動かせないため、そちらを優先したようだ。『AKIRA』の制作が先延ばしにされていることに『Thor: Love and Thunder(原題)』が関係していることを、タイカ・ワイティティ本人も認めている。

Varietyのインタビューで、タイカ・ワイティティは「『AKIRA』のすべてが保留となった」と回答。そして『AKIRA』は2年後にずらさなくてはならなくなったという。また「2年後、自分が何をやっているのかわからないし、『AKIRA』に関わっているかどうかも、わかりません」と答えた。果たして、AKIRAの実写化映画は実現するのだろうか・・・?

『マンダロリアン』第7話場面写真㈭

「スター・ウォーズ」ドラマシリーズ 『マンダロリアン』、衝撃のフィナーレ第8話が2月14日(金)よりディズニーデラックスで国内独占配信

2020年2月13日
ジョジョラビット

タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』日本版最新予告映像解禁! アドルフとお友達な少年ジョジョの世界が大きく動き出す

2019年11月25日

新作「マイティ・ソー4」、“ビール腹”ソーの体重は戻る!? タイカ・ワイティティ監督が脚本を書き終わったことを明かす

2019年10月19日
『ジョジョ・ラビット』

本年度アカデミー賞最有力候補! タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』日本公開日1月17日(金)に決定

2019年9月30日
タイカ・ワイティティ

「マイティ・ソー バトルロイヤル」タイカ・ワイティティ監督、「ガーディアンズ」監督就任を否定! 「あれはジェームズ・ガンのもの」

2019年2月5日