第91回アカデミー賞のノミネートが発表! NETFLIX「ROMA/ローマ」&豪華女優陣共演「女王陛下のお気に入り」が10部門候補でリード

「ROMA/ローマ」 / 「女王陛下のお気に入り」

来月行われる授賞式に先駆け、第91回アカデミー賞のノミネーションが発表された。

最多ノミネートは、アルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」と、ヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」。前者はNETFLIXのオリジナル作品であり、劇場未公開ながら作品賞を含む10部門でノミネートされた。

「アリー/ スター誕生」が候補になった8部門のうち、ブラッドリー・クーパーは監督として作品賞に、また俳優として主演男優賞にと、2部門にWノミネート。「バイス」も同じく8部門候補で並び、マーベルコミック原作の映画「ブラックパンサー」が7部門で続く。ヒーロー映画としては異例の作品賞ノミネートに、ファンは大いに沸いている。

「ブラック・クランズマン」も6部門と評価されているが、実は名匠として知られるスパイク・リーは、本作にて初めて監督賞へのノミネートを受けた。

また、ゴールデン・グローブ賞で作品賞と主演男優賞を獲得した「ボヘミアン・ラプソディ」は、「グリーンブック」とともに5部門に名を連ねており、さらなる進撃が期待されている。

主な部門のノミネーションは以下の通り。

作品賞

  • 「ブラックパンサー」
  • 「ブラック・クランズマン」
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」
  • 「女王陛下のお気に入り」
  • 「グリーンブック」
  • 「ROMA/ローマ」
  • 「アリー/ スター誕生」
  • 「バイス」

監督賞

  • アルフォンソ・キュアロン「ROMA/ローマ」
  • ヨルゴス・ランティモス(「女王陛下のお気に入り」)
  • スパイク・リー(「ブラック・クランズマン」)
  • アダム・マッケイ (「バイス」)
  • パヴェウ・パヴリコフスキ(「COLD WAR あの歌、2つの心」)

主演女優賞

  • ヤリッツァ・アパリシオ (「ROMA/ローマ」)
  • グレン・クローズ(「天才作家の妻 -40年目の真実-」)
  • オリヴィア・コールマン(「女王陛下のお気に入り」)
  • レディー・ガガ(「アリー/ スター誕生」)
  • メリッサ・マッカーシー(「Can You Ever Forgive Me?(原題)」)

主演男優賞

  • クリスチャン・ベール(「バイス」)
  • ブラッドリー・クーパー(「アリー/ スター誕生」)
  • ウィリアム・デフォー(「永遠の門 ゴッホの見た未来」)
  • ラミ・マレック(「ボヘミアン・ラプソディ」)
  • ヴィゴ・モーテンセン(「グリーンブック」)

助演女優賞

  • エイミー・アダムス(「バイス」)
  • マリナ・デ・タヴィラ(「ROMA/ローマ」)
  • レジーナ・キング(「ビール・ストリートの恋人たち」)
  • エマ・ストーン(「女王陛下のお気に入り」)
  • レイチェル・ワイス(「女王陛下のお気に入り」)

助演男優賞

  • マハーシャラ・アリ(「グリーンブック」)
  • アダム・ドライバー(「ブラック・クランズマン」)
  • サム・エリオット(「アリー/ スター誕生」)
  • リチャード・E・グラント(「Can You Ever Forgive Me?(原題)」)
  • サム・ロックウェル(「バイス」)

脚本賞

  • 「女王陛下のお気に入り」
  • 「魂のゆくえ」
  • 「グリーンブック」
  • 「ROMA/ローマ」
  • 「バイス」

歌曲賞

  • 「オール・ザ・スターズ」 (「ブラックパンサー」)
  • 「I'll Fight」 (「RBG(原題)」)
  • 「The Place Where Lost Things Go」(「幸せのありか」) (「メリー・ポピンズ リターンズ」)
  • 「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」(「アリー/ スター誕生」)
  • 「When a Cowboy Trades His Spurs for Wings」 (「バスターのバラード」)

作曲賞

  • 「ブラックパンサー」
  • 「ブラック・クランズマン」
  • 「ビール・ストリートの恋人たち」
  • 「犬ヶ島」
  • 「メリー・ポピンズ リターンズ」

長編アニメ賞

  • 「インクレディブル・ファミリー」
  • 「犬ヶ島」
  • 「未来のミライ」
  • 「シュガー・ラッシュ:オ​ンライン」
  • 「スパイダーマン:スパイダーバース」

外国語映画賞

  • 「Capernaum(原題)」(レバノン)
  • 「Girl(原題)」(ベルギー)
  • 「Never Look Away(原題)」(ドイツ)
  • 「ROMA/ローマ」(メキシコ、アメリカ)
  • 「万引き家族」(日本)