DC初の黒人主役ヒーロー【ブラックライトニング】、一時はジャスティス・リーグのメンバーだった? DCTVシリーズ最新作「ブラックライトニング<シーズン1>」、キャラクターを徹底解説

ブラックライトニング

2019年2月6日(水)にDCTVシリーズ最新作「ブラックライトニング<シーズン1>」のDVDが発売、レンタル開始される。本作について、アメコミ・エディターの柳亨英氏による解説レポートが公開された。

「バツイチで2人の娘の父」、「高校の校長先生」という顔を持つ中年男性でありながら、
引退したヒーロー業を再開し、悪と戦う異色のヒーロー”ブラックライトニング”の活躍を描いた本作。

従来のヒーロー像を覆す”ブラックライトニング”は、元々DCにおいてどのようなヒーローなのか?

DC 初の黒人主役ヒーロー“ブラックライトニング”

DC で初めて自分の名を冠したコミックブック・シリーズを持った黒人ヒーロー、それがブラックライトニング。DC の黒人ヒーローとしては 3 人目(ちなみに 1 人目はグリーン・ランタンのひとり、ジョン・スチュワート)。

1977 年に発行がはじまった「ブラックライトニング」誌は残念ながら1 年足らずの短命に終わるもキャラクターは他の DC の誌面に登場し続け、2009 年と2018 年には 6 冊完結のミニ・シリーズも発行され、コミックスを原案にしたテレビシリーズが現在米国で好評を博している。

ブラックライトニング、本名ジェファーソン・ピアースは、スーパーマンが活躍していることで有名なメトロポリスのスラム街、スーサイドスラム出身。父はジャーナリストだったが殺されており、一時メトロポリスを離れて高校教師をしていた。高校の校長になるために地元へ戻り、その惨状を見て、人々を救うため、ブラックライトニングとなり悪と戦う決意をする。

なお、初期設定では電気を操るベルトを手に入れてその力で犯罪と戦っていたが、後に設定が変更され、メタヒューマンとして、生まれながらに電気を操れる力を持っていることになっている。

一時は”ジャスティス・リーグ”のメンバーだった?

戦い続けていくなか、ブラックライトニングは一時電気を操る力を失っていたが、それでもヒーローはやめずにいた。そこへバットマンは彼の仲間であるルーシャス・フォックスを助けるため、ブラックライトニングの力が必要だと思い連絡をとる。その時バットマンの助けによって力も取り戻し、結果的にバットマンが結成したヒーローチーム、“アウトサイダーズ”の結成に携わる。

アウトサイダーズはジャスティス・リーグでは解決できない問題に取り組むため、バットマンが結成したチームだった。ブラックライトニングは一時ジャスティス・リーグのメンバーとしても声をかけられていたが断っており、何かあった時には駆けつけると伝えていた。

しかしある危急時にジャスティス・リーグに力を貸すことになり、そのままメンバーとなっていた時期もあった。ピアースの 2 人の娘も父の力を受け継ぎ、それぞれの形で電気を操ることができるヒーローとなった。姉のアニッサはサンダーと名乗り、父が離脱した後、アウトサイダーズのメンバーになっている。

妹のジェニファーはライトニングと名乗り、DC の中でも最も古いヒーローチーム、“ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ”のメンバーとなった。現在、ブラックライトニングはクリーブランドへ拠点を移し、引き続き悪と戦い続けている。

発売情報

ブラックライトニング

「ブラックライトニング<シーズン1>」
2019 年 2 月 6 日(水)DVD発売・レンタル開始/デジタル配信開始
DVD コンプリート・ボックス(3 枚組)\9,400+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
BLACK LIGHTNING and all related characters and elements TM & © DC Comics and
Warner Bros. Entertainment Inc.

バットマンの相棒 ロビンなど、DC コミックスの若きヒーローたちの戦いを描く DC TV シリーズ! 海外ドラマ「TITANS/タイタンズ」、Netflixにて1月11日より独占配信が開始

2019.01.08

ルビー・ローズ主演ドラマ「バットウーマン」がシリーズ化へ! 初のLGBTヒーロードラマ誕生か

2019.01.04