映画「ボヘミアン・ラプソディ」、ついに興行収入100億円突破! アカデミー賞にノミネートされた主演ラミ・マレックから、とれたてコメントが到着

ボヘミアン・ラプソディ

伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が、ついに興行収入100億円を突破。主演のラミ・マレックからアカデミー賞ノミネートコメントが到着した。

昨年11月9日の日本公開から75日目(11週目)となる1月22日までの累計興行収入が、ついに興行収入100億円を突破。累積動員7,270,904人、累積興行収入\10,041,687,580となった。公開初週末から5週目まで週末の興行収入が前週対比より上がる異次元の右肩上がりとなった本作はまさに異例づくしの作品だ。

いわゆるシリーズもの、コミック原作アクション、ベストセラー原作ファンタジー、世界的に人気のアニメーション作品など、最近のハリウッドのヒットの法則からは外れたドラマ作品。

構想から映画完成まで9年。当初は難航したキャスティングや撮影中の監督解雇に公開前の批評家からの賛否両論。ハリウッド作品としては決して高くない製作費5200万ドル(約57億円)のロックミュージシャンの姿を描いたドラマ作品が、なんと世界興行収入7億9600万ドル(約880億円)を稼ぎ出した。

この世界興収の数字を牽引したのは、全米(US興収2億ドル/約220億円)を除いたインターナショナル興収でNo.1となった日本の成績が牽引していることは言うまでもない。

異例づくしの100億円突破、2018年映画興行ランキングNo.1(日本国内)、インターナショナル興収No.1(全米除く)となる世界も驚く日本での特大ヒットは、映画ファン、往年のクイーンファンはもちろん、当初は予測できなかった親子鑑賞や、クイーン未体験の若い層への拡がり。

さらには応援上映や特殊フォーマットでの新しい映画体験によるリピーター鑑賞など、様々な要因が重ねっての社会現象となったからこそ。それはまさに天国のフレディのコール&レスポンスが日本人の魂に届いたからかもしれない。

第91回アカデミー賞5部門ノミネート(作品賞、主演男優賞、編集賞、音響編集賞、録音賞)もまさに同日に発表され、『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン旋風の勢いは止まらない。

ラミ・マレック コメント

本作に関わったすべてのキャストやスタッフを代表してアカデミー会員に感謝します。そして、プロデューサーのグラハム・キング、編集のデニス・オサリヴァン、20世紀フォックス映画、ニューリージェンシー、そしてブライアン・メイとロジャー・テイラーと“クイーン”へ大感謝です。フレディ・マーキュリーを演じられたことは一生の宝もので、このノミネートは偉大なるフレディを称える勲章です。

"Thank you to the Academy for recognizing the work of so many from the cast and crew who made all of this possible. I’m beyond grateful to Graham King, Denis O’Sullivan, 20th Century Fox, New Regency and to Brian May, Roger Taylor and Queen. I have absolutely treasured playing Freddie Mercury and I am so profoundly humbled and thrilled to honor him this way."

- Rami Malek, BOHEMIAN RHAPSODY

 

【動画】映画『ボヘミアン・ラプソディ』興行収入100億円突破特別映像

公開情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
大ヒット上映中
20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック、SAG賞授賞式でティモシー・シャラメと再会! ファンにとって嬉しいツーショットが公開される

2019年1月29日

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックと交際中の女優ルーシー・ボイントン、パリ・ファッション・ウィークにて仲睦まじい姿がパパラッチされる[写真あり]

2019年1月24日
ラミ・マレック

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック、ニコール・キッドマンに無視されてしまった気まずい場面について語る[動画あり]

2019年1月10日
tvgrooveをフォロー!