「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックと交際中の女優ルーシー・ボイントン、パリ・ファッション・ウィークにて仲睦まじい姿がパパラッチされる[写真あり]

世界中で大ヒットをし、日本でも大旋風を起こしている映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、フレディ・マーキュリーを演じた主演のラミ・マレックが、同映画で恋人役を演じ、実生活でも交際中の女優ルーシー・ボイントンと共に、仏パリで目撃された。

ラミは、先日、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたことが発表され、俳優としてその存在が確立され始めてきている。

また、今月の頭に米カリフォルニアで開催された「2019パームスプリング国際映画祭」において、ルーシーとの交際を宣言し、その関係はオフィシャルであることを証明した。

ラミ&ルーシーカップルは、現在フランス・パリで開催されているファッションウィークで行われた、有名ブランド「バレンティノ」のファッションショーに参加。

ラミは、首元のデザインが目を惹くスタイリッシュなスタイル、一方のルーシーは全身ブラックコーデに、クラッチバッグを合わせたシックなファッションで現れた。

同ショーを最前列で見た二人は、ショーの最中も、仲睦まじくショーを楽しんだようだ。

また、同ショーのデザイナーや、他の参加者と記念撮影をするなど、素敵な時間を過ごしたようだ。