ヤングブラッドが“おかしな世の中”に希望とパワーを与える新曲「Weird!」をリリース! 音楽を通して「いつか必ず大丈夫になる」と発信

ヤングブラッドENTERTAINMENT
ヤングブラッド

ルックスも音楽性もジェンダーも全ての壁を破壊し続け、若者に寄り添いながら彼らの怒りや不安を代弁する、新世代のロック・スター ヤングブラッドが本日、ニュー・シングル「Weird!」(読み方:ウィアード!)をリリースした。

“変、奇妙、おかしい”といった意味を持つ“weird”は、タイトルが示唆する通り、新型コロナウイルスが蔓延する現代において“おかしいことになってるけど、そんな中でも光を見出そう、大丈夫だよ!”と、不安な気持ちを抱える、世界中の若者を元気づける応援歌となっている。

「バスに乗って2人でイヤホンを1つずつ分けあったりしたい」と、数ヶ月前までは当たり前だった日常の回想や、「僕の手を取って / きつく握りしめて / 僕たちは今皆変な時にいるんだ / 頭がおかしくならないように / いつか大丈夫になるから / 僕たちは今皆変な時にいるんだ」という歌詞で、22歳のヤングブラッドは同世代の不安な気持ちを代弁し、「みんな不安だよね、僕も不安。でも大丈夫だよ!」と不安を拭い去ってくれている。

ヤングブラッド

ヤングブラッド

“若き血”を意味する名前からして血気盛んなヤングブラッドことドミニク・ハドソンは、イングランド北部ドンカスター出身の22歳(1997年8月5日生まれ)。これまで、米・歌姫のホールジーや、Blink-182のドラマー=トラヴィス・バーカー、そして全米1位バンド イマジン・ドラゴンズのVo.ダン・レイノルズや、マシン・ガン・ケリーなど様々なアーティストとコラボ。2020年代のロックンローラーの中では頭一つ抜きんでている存在感を放っている。

「Weird!」について、ヤングブラッドはこう述べている―。

「世界がこんな状況になるなんて、誰が想像しただろう。今の世の中について曲を書いたんだ。地面の下には、実は水面下でウニョウニョ日々動いている迷路みたいなものがあって、地面のひび割れから僕はその迷路に落下しそうな気持になったんだ。今、誰しもがそういう不安を抱えていると思うから、みんなに、いくら世の中がおかしくなろうと、いつかは絶対に大丈夫になるよ、という安堵の気持ちをこの曲を通してシェアしたかったんだ。」

今年春には、ここ日本を含むワールド・ツアーを予定していたヤングブラッド。当然そのツアーはやむを得ずキャンセルとなってしまったが、彼はそれだけでは終わらなかった。自身のYouTubeチャンネルにおいて、「THE YUNGBLUD SHOW」という名の無観客ライヴをシリーズ化。ライヴ配信中には世界中のファンが「THE YUNGBLUD SHOW」の動画にコメントすることで“まだみんなと繋がっている”という安心感を得たり、彼のエネルギー溢れるライヴを通してパワーをもらっているという。ライヴ配信日は、随時ヤングブラッド公式SNSで発表されている。


・ヤングブラッド公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/yungblud

【リリース情報】

ヤングブラッド 「Weird!」 ジャケ写

ヤングブラッド 「Weird!」 ジャケ写

ヤングブラッド「Weird!」本日デジタル配信開始
■試聴・購入はこちら:https://umj.lnk.to/YUNGBLUD_Weird

【公式LINKS】
・日本公式HP:http://yungblud.jp
・海外公式HP:https://www.yungbludofficial.com
・公式instagram:https://www.instagram.com/yungblud
・公式twitter:https://twitter.com/yungblud
・公式facebook:https://www.facebook.com/yungblud/
・公式YouTube:https://www.youtube.com/yungblud

tvgrooveをフォロー!