デモをした高齢男性を警官が突き倒し、男性が頭から出血する衝撃事件が発生 ネットで批判殺到、DJゼッドも「即解雇&起訴されるべき」[動画あり]

警官に突き倒され、高齢男性が負傷
警官に突き倒され、高齢男性が負傷

現在アメリカを中心に、人種差別をなくそうといった「Black Lives Matter(黒人の命をないがしろにするな)」のデモが行われているが、これに参加した高齢男性が取り締まっている警察官に負傷させられるという事件が起き、市民が批判している。

先月25日、ミネソタ州ミネアポリスで、白人警察官の不当な拘束によりアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが命を落としてしまった事件。人種差別の象徴ともいえるこの事件は全米に大きな衝撃を与え、アメリカ国内だけでなく世界中で「Black Lives Matter(黒人の命をないがしろにするな)」をスローガンとするデモが発生する事態となった。

6月4日、米ニューヨーク州バッファローにて、市役所の外で「Black Lives Matter」をスローガンとしたデモが行われた。そこにはデモをする人々と、それを取り締まる警察官が数十人いたのだが、とある高齢男性が警察の方へ何かを話しながら向かって歩いていった。

一人の警察官が「後ろに下がれ!」と命令したが、男性は立ち止まっただけで後退しなかった。すると別の警官は彼を手で突き放したのだ。男性はバランスを崩し背中から倒れ、頭も打った様子。頭部からは血が出ているのも確認できる。

※衝撃的な内容を含むため、閲覧には注意してください。

男性が倒れた後一人の警官が彼に駆け寄ったが、別の警官が彼を止め無線でなにか連絡をしている様子が見られる。別の大勢の警官たちは、倒れた男性の救助などにはあたらず、そのまま無視し行進。しかし動画で、警官はメディアに「男性が転んだ」と説明し、彼が勝手にころんだと言っている。

これに対しDJのゼッドは「この可哀想な高齢男性は、“すべって転んだ”と警官に言われた。でもビデオで明らかに突き放されてるじゃないか。男性を突き飛ばした警官の名前はアーロン・トルガルスキー。彼は即解雇&起訴されるべき」とツイートした。

他にも「警察が今高齢男性を殺して、その横を普通に歩いていった?誰か、彼は大丈夫だと言って」「なんでこんなことができるの?これがどうやったら正当化されてしまう?」「警察の敵は警察」などと批判の嵐となった。

エリー郡のエグゼクティブであるマーク・ポロンカーツ氏は「このビデオを見て気分が悪くなりました。負傷した男性は現在ECMC(エリー郡の病院)におり、容態は安定しています」とコメントし、男性の怪我の現状を報告した。男性が無事なようでなによりだ。

この件に関わった警察官たちは職務停止処分を受けているといるが、解雇や起訴されたなどの情報はまだない。

ジョージ・フロイドさん殺害に関わった元警官たち

無抵抗のジョージ・フロイドさんを殺害した警官、より重い罪が適用 事件に関わった他3人も拘束、起訴される

2020年6月4日
ジョージ・フロイドさん

亡くなったジョージ・フロイドさんの追悼式が3ヵ所で執り行われることに その場所と日時が発表

2020年6月4日
ジョージ・フロイドさんの娘ジアナちゃんと、娘の母親ロキシー・ワシントン

亡くなったジョージ・フロイドさんの娘の母親が涙ながらにコメントを発表 「彼はもう娘のバージンロードを一緒に歩くことはできないのです」[動画あり]

2020年6月3日
空に掲げられた横断幕

殺害されたジョージ・フロイドさんの、最後の言葉「お願いします 息ができません」が全米各地の空を舞う

2020年6月3日
メーガン・マークル

ジョージ・フロイドさんの事件により、メーガン・マークル妃の2012年のビデオが再注目! 彼女が語った“経験”とは?[動画あり]

2020年6月3日
メッセージを送るジョージ・フロイドさんの遺族

亡くなったジョージ・フロイドさんの遺族が、暴徒化する人々へメッセージ 「暴力を振るっても兄は戻ってこない」[動画あり]

2020年6月2日
tvgrooveをフォロー!