ジョージ・フロイドさんの事件により、メーガン・マークル妃の2012年のビデオが再注目! 彼女が語った“経験”とは?[動画あり]

メーガン・マークル
メーガン・マークル

現在、過激なプロテストがアメリカで行われているが、その発端となったジョージ・フロイドさんの事件により、メーガン・マークル妃の2012年のビデオが再注目されている。

ジョージ・フロイドさんの事件は5月25日(月)に発生。ミネソタ州ミネアポリスにてジョージ・フロイドさんが、偽札を使用した疑いで、警官に手錠をかけられた。その警官は、ジョージさんが無抵抗であったにも関わらず、ひざで首を圧迫。7分以上にわたり首を圧迫されたジョージさんは、その後亡くなってしまったという悲傷な事件だ。

この事件を受け、「BlackLivesMatter(黒人の命は重要)」というスローガンを掲げた抗議活動が過激化。そんな中、注目が集まったメーガン・マークル妃の2012年のビデオ。彼女は過去に、自身の差別された経験を語っていたのだ。

「私は異人種です」「ほとんどの人が私がどのような人種かわかっていなかったため、私は、まるで壁にいるハエのような、そんな気持ちになったことが人生で多々ありました。そして、私が聞いた中傷や本当に不快なジョーク、名前には本当に強い衝撃を受けました」と、彼女はこれまでの自身の経験を明かした。

さらに続けて「数年前、誰かが私の母をNワード(黒人に対する差別用語)で呼ぶのを聞いたのです」「だから私は、人種差別に個人的な影響を受けただけでとどまらず、わたしたちの国の現在の状況、そして世界の風景をしっかりとみて、物事をより良くしたいと思っています」とメッセージを放った。

このビデオは、慈善団体Erase the Hateがスタートさせた「人種差別を支持しない」キャンペーンのときに撮影されたものだという。当時、彼女は女優として活動していた。現在、このビデオが注目されているが、その一方で「AllLivesMatter(すべての命は重要)」サポーターからバッシングのコメントも相次ぎ、議論を巻き起こしている。

セス・ローゲン

セス・ローゲン、「AllLivesMatter(すべての命は重要)」サポーターからのバッシングに衝撃のリプ返し!「お前に俺の映画を見る資格はもうない」「うせろ」

2020年6月3日
リア・ミシェル(左)、サマンサ・ウェア

リア・ミシェル、「glee」共演者複数人から差別を告発される 「リアは私の“ウィッグにクソをしてやる”って全員に言い回ってた」衝撃の告白内容とは

2020年6月3日
メッセージを送るジョージ・フロイドさんの遺族

亡くなったジョージ・フロイドさんの遺族が、暴徒化する人々へメッセージ 「暴力を振るっても兄は戻ってこない」[動画あり]

2020年6月2日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、抗議デモで逮捕された活動家たちのための保釈基金に寄付! 「人種差別をしないだけでは不十分、“反”人種差別主義になるべきだ」

2020年6月2日
ジェイ・Z

ジェイ・Z、「抑圧者には負けないほど、正義のために覚悟している」! ジョージ・フロイドさん殺害の件でミネソタ州知事と直接電話

2020年6月2日
tvgrooveをフォロー!