『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』には、オビ=ワン・ケノービの隠された秘密があった…!?

オビ=ワン・ケノービ
オビ=ワン・ケノービ

人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズの、新三部作の完結編となる『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』には、オビ=ワン・ケノービの隠された秘密があったようだ。

2005年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』。同作のクライマックスではオビ=ワン・ケノービが愛弟子であるアナキン・スカイウォーカーと直接対決をすることになり、壮絶な闘いの末にオビ=ワン・ケノービが勝利するというあまりにも悲劇的な結末だった。

そして『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間を描くテレビアニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」のシーズン3ではオビ=ワンがアナキンと決闘するに至る心情を公開している。

これについては米掲示板サイト「Redditor」でもさまざまな考察がなされており、オビ=ワンはムスタファーでアナキンと闘うよりもかなり前から、アナキンが暗黒面に堕ちることを知っていたのではないかとする声もある。アナキンがモーティスで自身が暗黒面に堕ちるという未来を予見しているところを、オビ=ワンが目撃していたというのだ。

なお、オビ=ワンの過去を振り返ってみると、彼は師匠が命を落とすところを目撃し、その後すぐにジェダイマスターの地位につくこととなった。心の支えを失ったオビ=ワンは誰かにその穴を埋めてもらいたかったのだろうが、自分自身の力でなんとか精神的なバランスをとり、フォースとつながっているしかなかったのだ。

今回の説では、オビ=ワンが少なくともモーティスにいるころから、アナキンがダース・ベイダーになることを知っており、もしそうなったら彼と闘うしかないことも理解していたとされている。

オビ=ワンは、アナキンがシスの元に行かないよう何度も忠告していた。決闘の結果アナキンが溶岩に落ちてしまったときも、なんとか引きずりだして彼を許すこともできた。しかし、オビ=ワンはそうすることなく、アナキンの死を見守った。

三部作ではアナキンがシスとジェダイの間で苦しむ様子が描かれているが、オビ=ワン自身も、もし愛弟子が暗黒面に堕ちてしまったらどうするべきなのか悩み抜いたに違いない。

オビ=ワンについてはこれまで多く語られることはなかったが、彼は自分が望んだようなジェダイになることが出来なかった。そのため、アナキンの指導には力を注いでいたのだ。しかしアナキンが暗黒面に堕ちてしまった以上、自分の手で終わらせるしかないと考えたのだろう。

『スター・ウォーズ』シリーズに登場するルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミル、ダース・ベイダーが父親だという事実を1年以上隠し通していた! 撮影では別のセリフだったという新事実も明らかに

2020年5月27日
『スター・ウォーズ』シリーズに登場するルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミルが衝撃発言! 「ルークにはダークサイドに堕ちてほしかった」と言った理由とは

2020年5月20日
アナキン・スカイウォーカーを演じるヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセン、「オビ=ワン」シリーズでアナキン役に復活か!? 「現在話し合い中」と関係者、ファンの期待膨らむ

2020年5月8日
タイカ・ワイティティ

新『スター・ウォーズ』の監督が『マイティ・ソー』タイカ・ワイティティに決定! ファンは大喜び

2020年5月5日
『スター・ウォーズ』ヨーダ

ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」の、「スター・ウォーズ記念日」に関連したあるツイートが炎上! いったいなぜ…?

2020年5月1日
tvgrooveをフォロー!