『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミル、ダース・ベイダーが父親だという事実を1年以上隠し通していた! 撮影では別のセリフだったという新事実も明らかに

『スター・ウォーズ』シリーズに登場するルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)
『スター・ウォーズ』シリーズに登場するルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズの、ルーク・スカイウォーカー役で知られる俳優のマーク・ハミルが、映画の中の重要シーンを1年間隠し通していたことを明かした。

『スター・ウォーズ』の、1977年から1983年にかけて公開された旧三部作(エピソード4~6)の、エピソード5では、主人公ルーク・スカイウォーカーの父親が敵軍のダース・ベイダーであることが明らかになり、ダース・ベイダーがルーク本人に「Luke, I am your father.(ルーク、私がお前の父親だ)」というシーンはあまりにも有名だ。

5月25日、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーの公式ツイッターは「もしあなたが映画史の中で、あるワンシーンの撮影シーンのセットに訪問して見ることができるとしたら、どのシーンを選びますか?」という質問を投げかけた。

このツイートにある『スター・ウォーズ』ファンが、「『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の『ルーク、私がお前の父親だ』のシーン。これは『スター・ウォーズ』作品の中でも最高の瞬間の一つで、このマーク・ハミルの演技は本当にすばらしい。そしてこのセリフを聞いたときの他キャストやクルーたちのリアクションも見てみたい」と書きつづった。

するとこれにマーク本人が反応。このツイートを引用リツイートする形で「キャストとスタッフは、完成した映画を見た時初めて知ったんだ。ぼくたちが撮影した時、ダース・ベイダーのセリフは『お前は真実を知らない、オビ=ワン・ケノービがお前の父親を殺した』だったんだ。監督のアーヴィン・カーシュナーと、クリエイターのジョージ・ルーカスとぼくだけが、その後吹き替えられることを知っていたんだ。1年以上もその秘密を隠し通していてツラかったよ!」と、なんと実際の撮影では別のセリフで、ダース・ベイダーが父親という事実は映画の撮影が終わるまで隠し通されていたことが明らかになった。

当時もネタバレにはかなり徹底していたようだ。1年隠し通していたマークもすごい…。

『スター・ウォーズ』シリーズに登場するルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミルが衝撃発言! 「ルークにはダークサイドに堕ちてほしかった」と言った理由とは

2020年5月20日
アナキン・スカイウォーカーを演じるヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセン、「オビ=ワン」シリーズでアナキン役に復活か!? 「現在話し合い中」と関係者、ファンの期待膨らむ

2020年5月8日
タイカ・ワイティティ

新『スター・ウォーズ』の監督が『マイティ・ソー』タイカ・ワイティティに決定! ファンは大喜び

2020年5月5日
『スター・ウォーズ』ヨーダ

ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」の、「スター・ウォーズ記念日」に関連したあるツイートが炎上! いったいなぜ…?

2020年5月1日
tvgrooveをフォロー!