海外セレブはじめSNSで多くの人々が“真っ黒”の画像を投稿! 「#BlackoutTuesday」って何…?

「#BlackoutTuesday」で投稿されている真っ黒の画像
「#BlackoutTuesday」で投稿されている真っ黒の画像

米時間6月2日(火)、ソーシャルメディアで海外セレブはじめ多くの人々が真っ黒の画像を投稿している。

5月25日(月)、ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが白人警察官のデレク・ショーヴィンに7分以上にわたり首を圧迫され、そのまま亡くなるという悲惨な事件が起きた。

無抵抗のフロイドさんを拘束し、首を膝で押さえつけた警察官は、フロイドさんが助けを求めたにもかかわらず、それに応じず死に至らしめた。人種差別の象徴ともいえるこの事件に対し、全米各地で抗議デモが行われ、一部では暴徒化する事態が起きている。

フロイドさんへの追悼の意と、黒人への不当な暴力や差別への反対を表し、SNSでは、6月2日に真っ黒の画像を投稿する「#BlackoutTuesday(ブラックアウト・チューズデー)」という運動が行われた。

6月2日は仕事や趣味の投稿はさけ、人種差別撤廃に思いをはせ、そして投稿する場合は黒人コミュニティーのサポートとなるものを投稿しようと呼びかけられている。

この運動の発起人は音楽産業のジャミラ・トーマスブリアナ・アギエマンだ。ふたりは声明で「音楽業界は数千億円規模の業界です。主にブラック・アートから利益を得ている業界です。私たちの使命は黒人の努力、闘争、成功から利益を得る主要企業とそのパートナーを含む業界全体に説明責任をもつことです。黒人コミュニティーを保護し、力を与えることが義務です」とコメントしている。

またこの真っ黒な画像を投稿する際の注意点もあるようだ。それは「#BlackoutTuesday」の画像を投稿するときは「#BlackLivesMatter(黒人の命は重要)」のハッシュタグはつけないということだ。

歌手のリゾは「真っ黒の画像を投稿するときは、#BlackLivesMatter のタグは使わないでね。情報を調べたいとき、検索したら黒い画像が出てきてしまうからね」と、署名活動やデモや募金の情報が黒い画像に埋もれてしまうことを懸念し、注意を呼び掛けている。

空に掲げられた横断幕

殺害されたジョージ・フロイドさんの、最後の言葉「お願いします 息ができません」が全米各地の空を舞う

2020年6月3日
メッセージを送るジョージ・フロイドさんの遺族

亡くなったジョージ・フロイドさんの遺族が、暴徒化する人々へメッセージ 「暴力を振るっても兄は戻ってこない」[動画あり]

2020年6月2日
負傷した人を助けるホールジー

歌手ホールジー、抗議活動中に負傷した人々を治療! 「大げさなんかじゃない、ゴム爆弾を甘く見ないで」とネットで呼びかける[写真あり]

2020年6月2日
左からナイル・ホーラン、トランプ大統領、ピンク

トランプ米大統領、プロテスト中には「地下のシェルターに避難」! これに対し歌手ピンクやナイル・ホーランが「臆病者」など批判コメント[写真あり]

2020年6月2日
テイラー・スウィフトと、ドナルド・トランプ米大統領

テイラー・スウィフト、ドナルド・トランプ米大統領の暴力賛美ととれるツイートを痛烈バッシング! テイラー史上最もいいねがついたツイートに 「11月の大統領選であなたを落選させる」

2020年5月30日
tvgrooveをフォロー!