テイラー・スウィフト、「人種的不正は政府に染み込んでいる」! 連続ツイートでパワフルに投票を訴えかける

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフト

人気歌手テイラー・スウィフトが、世界中で問題となっている人種差別問題に複数のツイートを通し訴えかけた。

今年5月、無抵抗であったにもかかわらず白人警官に首を圧迫され殺害された黒人男性のジョージ・フロイドさん。人種差別の象徴ともいえるこの事件をきっかけに、アメリカをはじめ全世界で人種差別に抗議する「Black Lives Matter(黒人の命をないがしろにするな)の運動が始まり、また著名人たちも彼らの影響力を善のために使い、平等を強く訴えたりデモに参加している。

テイラー・スウィフトも声をあげてきた有名人の一人。彼女は今回もツイッターにて連続でツイートした。

6月9日、テイラーは「人種的不正が地域や州の政治にしみこんでいる。これは”絶対に”変えなければならない。ポリシーが変わるには、警察の暴行や、いかなる人種差別とも戦う議員に私たちが投票する必要があります」と、人種的不正が地域や州のトップである政治にすでに根付いてしまっていると意見。

また別のツイートでは、バラク・オバマ前大統領が書いた記事をリンクで貼り、州や地域レベルで変えていくことについて書かれているとシェアした。

さらに彼女は、選挙で投票をすることの重要性をファンに呼びかけ。「2020年の選挙で、郵送投票を全員ができるようになるよう、戦う必要がある。自分の健康か、意見を届けるかの選択をしなければならないなんておかしい」と書いた。

ジョージ・フロイドさんをキッカケにはじまった大規模なデモの中には、一部暴徒化するものもあったため、ドナルド・トランプ大統領はこの暴力的なデモに関し「この“悪党たち”は、ジョージ・フロイド氏への追悼を不名誉にしており、今後こんなことは起こさせない。ティム・ウォルツ知事と話し、軍は知事を全面的に支援することを伝えた。どんな困難であろうと、私たちはコントロールする。略奪が始まれば、銃撃を始める。以上!」と警告ツイート。

これに対しテイラーは「大統領就任期間ずっと白人至上主義と人種差別を掻き立てておいて、暴力で脅す前に道徳的に優れているというフリをするの?『略奪が始まれば、銃撃を始める』ですって?11月の大統領選ではあなたを落選させる」と痛烈批判し、またトランプ大統領をタグづけし直接送りつける形でツイートした。

アメリカ合衆国の大統領選挙は今年の11月。テイラーを始め、多くの著名人が国を変えようとパワフルに訴えかけている。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、実はあの人気モデルと一緒に住んでいたことがあった!? その相手とは

2020年6月8日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、ドナルド・トランプ支持者からのコメントに痛烈な返信をお見舞い! 「フ〇ック・ユー」

2020年6月5日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、総額89億円の自宅写真が明かされる! 驚きの内部は一体どんなもの?[写真あり]

2020年6月5日
ジョージ・フロイドさん殺害に関わった元警官たち

無抵抗のジョージ・フロイドさんを殺害した警官、より重い罪が適用 事件に関わった他3人も拘束、起訴される

2020年6月4日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、ドナルド・トランプ大統領を名指し批判したのは「大義のため」! 彼女が政治的発言をする覚悟を関係者が明かす

2020年6月1日
tvgrooveをフォロー!