「デッドプール」、フォックス買収後もシリーズ継続をディズニーが明言! R指定路線も続行か

ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズ主演の映画「デッドプール」シリーズの継続を、ディズニーが明言している。

昨年12月、「ディズニー」は、「21世紀フォックス」の映画事業などの買収で合意に至ったと発表。どちらもマーベルのコミック作品を原作とする映画シリーズを展開しており、フォックスが持つ「X-MEN」、「デッドプール」、「ファンタスティック・フォー」などのシリーズと、ディズニーが持つ「アベンジャーズ」、「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」シリーズを含む一連の「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の合流は、買収話が露見した時点から大きく取りざたされてきた。

特にR指定を受ける「デッドプール」に関して、作風が変わってしまうのではないかと不安視されていたものの、ディズニーCEOボブ・アイガーは「興味深い作品」とコメント。「マーベルのR指定ブランドを作るきっかけとなる可能性も」と述べていた。一方でタイトルロールを演じるライアン・レイノルズは、シリーズの今後を憂うような発言をしていた。

The Wrapは、2月5日、アイガーCEOが、「デッドプール」について「このビジネスを継続する」と、投資家に対して明言したと報道。「こういったタイプの映画は明らかに人気がある」と、「デッドプール」の功績を評価している。

とはいえ健全なファミリー向けのイメージを持つ“ディズニー”だけに、「消費者を混乱させることなく、慎重なブランディングを」とも強調している。

なお、ライアン・レイノルズは先月開催された「デッドプール」中国プレミアにて、暗に「デッドプール3」へ向けて動きだしていることを示唆している。「まったく異なる方向性を考えている」と述べており、「リブートやキャラクターの変更が、4作目じゃ遅すぎることってあるよね」と路線変更を予感させた。

ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズが手術をキャンセル! 急きょ「デッドプール」の中国公開が決まり、現地プロモーションへ

2019年1月23日

ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマン&ジェイク・ギレンホールに「騙される」! クリスマスパーティで起こった爆笑必至の珍事件とは?

2018年12月28日