『スター・ウォーズ』の有名なセリフ「砂は嫌いだ」に対し新しいジョークが! コミック本でおちゃめな新シーンが描かれる

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』より
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』より

人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』のエピソード2『クローンの攻撃』にて、アナキン・スカイウォーカーが発したあの有名なセリフをネタとし、新たなジョークがコミックにて描かれていることがわかった。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』にて、主人公アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン演)は、恋人のパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン演)と惑星ナブーで2人きりの時間を過ごす。その際にアナキンが「砂は嫌いだ。ざらざらしてるし、イラつく。どこにでも入ってくるし」と話すシーンがあるのだが、この「砂は嫌い」発言は、幾度となく大喜利やミームに使われており、ファンにとってかなり有名なセリフとなった。

Radio Timesによると、今回新しく発売されたスター・ウォーズのコミック本で『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』の直後を描いたシーンがある。そこではアナキンの息子であるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル演)が惑星セレリアに到着するが、大量の水に飲みこまれ溺れかける。そんなルークを危機一髪、R2-D2が救うという場面だ。

無事陸に到着したルークは、「ふー、懐かしの砂。僕は砂が大好きだって言ったことあるっけ?」と一言発する。これは『クローンの攻撃』でのアナキンの、あの名台詞をネタにしたジョークであることはファンにとって明らかだ。父親のアナキンとは逆に、ルークは砂が好きなよう。

現在、このコミック本はマーベルから発売されている。映画やスピンオフなどでは描かれていない様々な詳細が明かされており、ファンを楽しませ続けている。

セレーナ・ゴメスと、デヴィッド・ヘンリー

「ウェイバリー通りのウィザードたち」セレーナ・ゴメス&デヴィッド・ヘンリーが再会! やはりドラマ復活の可能性大?それとも新たなプロジェクト…?[動画あり]

2020年8月10日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、8年ぶりにテレビドラマ出演へ! テーマは犯罪コメディ

2020年8月8日
マイリー・サイラスと、セレーナ・ゴメス

夢の再共演が実現! マイリー・サイラス&セレーナ・ゴメスがインスタグラム生配信で対談! 「ずっとあなたのファンよ」と愛を語る[動画あり]

2020年4月4日

セレーナ・ゴメス&デミ・ロヴァートはもう友人同士ではない!? ふたりの友情の歴史を振り返りながら、離れてしまった理由を分析

2020年1月22日
ウェイバリー通りのウィザードたち

セレーナ・ゴメス主演「ウェイバリー通りのウィザードたち」がリブート決定!? キャストたちのヒントにファン大興奮

2019年4月4日
tvgrooveをフォロー!