『ミッション:インポッシブル7』トム・クルーズ、危険なスタントのリハーサルを開始!コロナ対策のマスクを着用のままスタントをこなす[写真あり]

トム・クルーズ
トム・クルーズ

現在、『ミッション:インポッシブル』シリーズ新作『ミッション:インポッシブル7(仮タイトル)』と『ミッション:インポッシブル8(仮タイトル)』の撮影のため、イギリスに滞在しているトム・クルーズ。彼が、本格的にスタントのリハーサルを開始した。

映画『ミッション:インポッシブル』は、1996年から続く人気シリーズ。トム・クルーズ演じる敏腕エージェント、ご存じイーサン・ハントの活躍を描き、これまでにシリーズ6作を公開。近年ではトム自身による身体を張ったアクションも見どころのひとつとなっている。

現在、正式にイギリス政府から許可がおりた上で撮影を続行しているトム・クルーズたち。渡英したキャストやクルーは、隔離されない代わりに、同じ期間、撮影場所などの管理された環境で仕事をしなくてはいけないというガイダンスのもと、撮影が行われている。今回、英DailyMailが新たに入手した写真では、トムは黒いマスクを着用したまま、スタントのリハーサルをしているのがわかる。

黒のニットキャップと黒のマスクを着用しているのがトム↓

この他、様々なカットの写真をDailyMailが掲載している(写真はこちら)。

驚くことに、あと2年で60歳になるトム。しかし彼は、年齢を感じさせないアクションやスタントで、これまで様々な危険なシーンを撮影してきた。前作の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』では、ビルからビルへとジャンプするシーンの撮影中に骨折。怪我について医師から「完治までに9ヶ月かかる」と言われたトムが、6週間で現場復帰したというエピソードも話題となった。新作の『ミッション:インポッシブル7(仮タイトル)』では、一体どのようなスタントを見ることができるのだろうか。新型コロナウイルスの影響を受けたものの、着実に撮影が進んでいる本作。スリル満点の作品になることを誰もが期待している。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』キャスト(左:トム・クルーズ、右から2人目:ジェイク・ジョンソン)

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』でトム・クルーズの相棒役を演じたジェイク・ジョンソン、やりたくなかった本作に出演したのはトムのおかげだと語る

2020年8月28日
ニコール・キッドマンとトム・クルーズ

ニコール・キッドマンとトム・クルーズの娘ベラ、レアなセルフィー写真を公開[写真あり]

2020年8月27日
トム・クルーズ

トム・クルーズ、ロンドンでクリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』を楽しむ! 「大好きだったよ」[動画あり]

2020年8月26日
トム・クルーズと、アナベル・ウォーリス

トム・クルーズ、出演映画では誰も隣を走らせない!? ある共演者がトムのこだわり&彼に許可をもらう方法も明かす

2020年8月17日
トム・クルーズ

トム・クルーズ、宇宙撮影の映画で2億ドルの予算を獲得! その方法は、なんとZoomで・・・

2020年8月1日
tvgrooveをフォロー!