マシン・ガン・ケリー、自身初の全米1位確定で“有言実行”!ロック・アルバムとしては今年初の全米1位に

マシン・ガン・ケリー
マシン・ガン・ケリー photo by Nathan James

“MGK”の愛称で知られるマシン・ガン・ケリー(Machine Gun Kelly)が9月25日(金)にリリースした5枚目の新作にして初のポップ・パンク・アルバム『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』(原題:Tickets To My Downfall)の全米アルバム・チャート初登場1位が確定したと、米・ビルボードが昨日ニュース速報を発表した。(全米アルバム・チャートは、現地時間10月6日(火)に更新予定。)

『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』は発売初週、アルバム換算で126,000枚の売上を記録し、全米1位が確定。2012年のデビューから昨年までの間に4枚のヒップホップ・アルバムをリリースしたマシン・ガン・ケリーは、4作とも全米Top 10入りするヒットを記録していたものの、首位を獲得したのは今回が初。ラッパーとしてヒップホップのジャンルでメインに音楽活動を続けていたMGKが今回リリースしたのは、ポップ・パンク・アルバムーいわゆる、ジャンルでいうところの「ロック・アルバム」にカテゴライズされるアルバムだ。ロック・アルバムが最後に全米首位に輝いたのは2019年9月14日付のトゥールの『フィア・イノキュラム』以来初とのことで、今回、MGKが約1年1か月ぶりにロックを全米トップに連れ戻してきた!

『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』はロック・バンドBlink-182のトラヴィス・バーカーがプロデュースし、楽曲の多くをMGKと共にコライトしている。少々意外かもしれないが、MGKは幼少期からパンクやロックが大好きで、Blink-182も少年時代によく聴いていて、ライヴにも足を運んでいたという。10年以上前のとある日、Blink-182のライヴを観に行ったMGKがトラヴィスに「今日ライヴ後楽屋に遊びにおいで」と招待されたことがきっかけで、2人の友好関係がスタートした。昨年、MGKが精神的に落ちていた時(※)トラヴィスの自宅を訪ね、気分転換に1曲作ってみたところ次々とアイディアが生まれ、アルバムが一気に完成。そしてアルバム制作やトラヴィスとその期間過ごした思い出や会話により、MGKは元気を取り戻したという。

(※)落ちて“downfall”にいたときに作った作品の為、今作には『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』というアルバム・タイトルがつけられた。

ヒップホップやダンス・ミュージックなどが音楽のメインストリームになっている昨今、「POP PUNK IS DEAD(ポップ・パンクは死んだ)」や「ROCK IS DEAD(ロックは死んだ)」と言われることが多い中、MGKはアルバム制作中に「俺がポップ・パンクの新時代を創る!」と宣言していた。一見、「ラッパーが初めて作るポップ・パンク・アルバムで何ができるのか」と思われがちだが、MGKは見事、それを有言実行したのだ。更に、アルバム発売4日後の9月29日には、突如『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』のデラックス・バージョンをサプライズ・リリース。25日にリリースとなったアルバム本編に加え、6曲が新録された全21曲のアルバムが緊急配信となった。その6曲の中には「body bag」には、新世代ロック・スターと呼ばれるヤングブラッドと、ザ・ユーズドのVo.バート・マクラッケンがフィーチャリングされており、この組み合わせだけでも充分に驚きだが、楽曲を聴いてみると、どこか耳馴染みのあるビートが…。大人気ポップ・パンク・バンド フォール・アウト・ボーイの代表曲「ダンス、ダンス」をオマージュしているから、更にダブルで驚きだ。

これまでずっとヒップホップのジャンルで活躍していたラッパーが、「俺がポップ・パンクの新時代を創る!ロックを救う!」とロック・アルバムを作り、それを全米1位に送り込むとは誰が想像しただろうか。その天真爛漫な性格や発言から、「MGKはビッグ・マウスだ!」「嘘つきだ」とメディアから根拠のないことを色々と言われがちなMGKだが、今回は、見事MGKの勝利だ。“無双状態”なMGKの快進撃に、引き続き注目したい。


リリース情報

『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』アルバム・ジャケット

『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』アルバム・ジャケット

マシン・ガン・ケリー『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』発売中!

■試聴・購入:https://umj.lnk.to/MGK_TicketsTo

■日本盤CD:10月28日(水)発売予定 / UICS-1364 / 2,500円(税別) / 歌詞・対訳・解説付 / ボーナス・トラック収録予定

<トラックリスト>

1. タイトル・トラック / title track

2. キッス・キッス / kiss kiss

3. ドランク・フェイス / drunk face

4. ブラッディ・ヴァレンタイン / bloody valentine

5. フォーゲット・ミー・トゥー feat. ホールジー / forget me too feat. Halsey

6. オール・アイ・ノウ feat. トリッピー・レッド / all I know feat. Trippie Redd

7. ロンリー / lonely

8. WWIII / WWIII

9. ケヴィン・アンド・バラクーダ – インタールード / kevin and barracuda - interlude

10. コンサート・フォー・エイリアンズ / concert for aliens

11. マイ・エックスズ・ベスト・フレンド - マシン・ガン・ケリー&ブラックベアー / my ex's best friend - Machine Gun Kelly & blackbear

12. ジョーブレイカー / jawbreaker

13. ナッシング・インサイド feat. イアン・ディオール / nothing inside feat. iann dior

14. バニヤン・トゥリー – インタールード / banyan tree - interlude

15. プレイ・ディス・ホエン・アイム・ゴーン / play this when i'm gone

(日本盤にはボーナス・トラック収録予定)

公式LINKS

・日本公式HP:https://www.universal-music.co.jp/machine-gun-kelly/

・海外公式HP:https://www.machinegunkelly.com/

・公式Twitter:https://twitter.com/machinegunkelly

・公式Instagram:https://www.instagram.com/machinegunkelly

・公式Facebook:https://www.facebook.com/machinegunkellymusic/

・公式YouTube:https://www.youtube.com/machinegunkelly

ヤングブラッド

ヤングブラッドが11月13日に約2年半ぶりのニュー・アルバム『ウィアード!』をリリース!先行シングルも解禁[MVあり]

2020年9月21日
ミーガン・フォックス

マシン・ガン・ケリーと交際中のミーガン・フォックス、人から「尻軽女」と呼ばれウンザリ

2020年8月26日
マシン・ガン・ケリー

マシン・ガン・ケリー初のポップ・パンク・アルバムが9月25日にリリース決定!ブラックベアーとのニュー・シングルも本日リリース

2020年8月7日
ヤングブラッド

ヤングブラッドが“おかしな世の中”に希望とパワーを与える新曲「Weird!」をリリース! 音楽を通して「いつか必ず大丈夫になる」と発信

2020年4月23日
New Hope Club【MAIN】official photo 2020

UKの3人組ニュー・ホープ・クラブ、デビュー・アルバム発売!来日公演も決定

2020年2月14日
tvgrooveをフォロー!