『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス、持病のパーキンソン病で「芝居が難しくなってきた」 インタビューで赤裸々に語る

マイケル・J・フォックス
マイケル・J・フォックス

今でも語り継がれる伝説のSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズにて、主人公マーティ・マクフライ役を演じたマイケル・J・フォックス(59)。彼は1998年にパーキンソン病を患っていると公表したが、その病状について今回赤裸々に語った。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の第一作目は、1985年に公開されるやいなや社会現象となり大ヒット。今でもコアなファンが多くいる作品だ。その後第二作が1989年、第三作が1990年に公開された。

1990年頃、ちょうど『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』の撮影中から身体の不調が見られるようになり、30歳の時、パーキンソン病と診断された。その後も病を隠しながら、自らプロデュースに参加し主演も務めたテレビドラマシリーズ「スピン・シティ」などに出演を続けるが、1998年に病気を公表。2000年には同作を降板し俳優活動から一時退いたが、現在は少しずつ復帰している。

そんな彼は今回、Peopleのインタビューに登場。そこで病気を公表してから22年後の今、記憶力が下がっていることを告白した。「セリフを暗記するのがすごく苦手になって。ここ最近した2つの仕事では、セリフの多い役で大変厳しい状況もあった。両方の役で苦労しました」と、語ったマイケル。

記憶をすることが難しくなっている彼だが、一方で執筆の仕事に集中力を向けており、彼の4作目となる自伝本「No Time Like the Future」は11月17日に発売される。

彼は「僕はここまできた。僕のギター演奏はもううまくない。もう絵を描くの上手じゃないし、ダンスはいつでもうまくなかった。そして演技をすることはどんどん難しくなってきている。だから執筆という道になった。幸運なことに書くことをとても楽しんでいるんだ」と、できることに感謝し楽しんでいると話したマイケル。彼のポジティブな生き方は、多くの人々をインスパイアする。

マイケルは今年2020年12月4日(金)~12月6日(日)の3日間にバーチャルで開催される「東京コミコン2020」(オンライン会場:Tokyo Comic Con World)セレブエリアにて行われるバーチャルサイン会への参加ゲストとして出演が決定している。

【東京コミコン 2020 オフィシャルサイト】
https://tokyocomiccon.jp/

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、あの小道具に隠された意味とは 脚本家ボブ・ゲイルが語る[写真あり]

2020年10月23日
マイケル・J・フォックス

東京コミコン2020に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでお馴染みのレジェンド、マイケル・J・フォックスが参加決定!東京コミコンへの参加は今回が初

2020年9月24日
リー・トンプソン

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』女優、エレン・デジェネレスへの批判コメントを支持「これは本当の話」

2020年8月4日
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』キャスト再会

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』キャストが奇跡の再集結! あの名シーンも再現でファン感激[動画あり]

2020年5月13日

セレーナ・ゴメス、ジジ・ハディッド、レディー・ガガなど持病を公表しているセレブ12人 その病気と症状とは

2019年11月21日
tvgrooveをフォロー!