第63回グラミー賞授賞式、2021年2月1日(月)[※日本時間] WOWOWで独占生中継が決定

第63回グラミー賞授賞式

2021年2月1日(月)※日本時間 WOWOWで独占生中継!
さらに、案内役にジョン・カビラ、ホラン千秋が決定

音楽界で最も権威ある賞として全世界の音楽ファン、ミュージシャン、音楽関係者が注目するグラミー賞。 「第63回グラミー賞授賞式」は、2021年1月31日(*現地時間)に開催される。WOWOWは、2021年2月1日(*日本時間)に授賞式の模様を二カ国語版(同時通訳)で独占生中継する。同日夜には字幕版の放送も決定。

今回のノミネーションは11月24日(*現地時間)に発表され、今後WOWOWからもノミニーや授賞式の情報を随時、特設サイトやSNSで発表予定だ。グラミー賞といえば、感動的な受賞の瞬間はもちろん、ビッグアーティストたちのパフォーマンスや、ここでしか見られないコラボレーションが見どころだが、コロナ禍で、イベントの在り方が模索される中、授賞式がどのように行なわれるか動向もお伝えしていく。

さらに、ノミネーション紹介番組や見どころをまとめた特別番組などグラミー賞授賞式に向けて関連番組も続々と放送。

そして、グラミー賞の熱気と興奮、感動の瞬間を、日本のスタジオからお届けする案内役には前回に引き続き、ジョン・カビラとホラン千秋が決定。第56回から共にグラミー賞の魅力を届けている案内役の2人から、今回の授賞式に臨むコメントが届いた。

ジョン・カビラ

コロナ禍に揺れる世界。コンサートの中止、リリースの延期。アメリカの音楽界も大変な影響を受けました。しかし、「ステイホーム」で音楽の必要性と力をあらためて感じた皆さんは多いと思います。世界最大の音楽の祭典もその音楽の力を信じ、発信し、創造性をさらに称えるイベントになります。サブスクなどで作品性が問われ、主張も問われる今だからこそ、クリエーターたちが何をステージで発信し、語るのか、いつにもまして「グラミー賞」に注目です!

ホラン千秋

今まで何度もグラミー賞の舞台を観てきましたが、今回ばかりはどんな祭典になるのか予想もつきません!ただ一つ確かなことは、音楽はいつ、どんな状況であっても、心のワクチンとなって皆さんに今を生きるパワーをくれること。グラミー賞はまさにそんな存在だと思います。当日まで何が起こるか誰にも分からない、今まで見たこともない第63回グラミー賞を皆さんと共に体感できることを楽しみにしています!

WOWOW番組情報

特集:グラミー賞直前︕WOWOW洋楽セレクション 2021年1月放送予定
⾳楽シーンで最も注⽬されるイベント、第63回グラミー賞授賞式の開催に向けて、WOWOW初放送のタイトルを含む珠⽟の洋楽9作品をラインナップ。

「エリック・クラプトン クロスロード・ギター・フェスティバル 2019」
「ホイットニー:本当の自分でいさせて」
「ジョン・レジェンド Baloise Session 2018」
「プリンス サイン・オブ・ザ・タイムズ」
「ザ・ローリング・ストーンズ スティッキー・フィンガーズ・ライブ 2015」
「モトリー・クルー THE END ~ラスト・ライブ・イン・ロサンゼルス 2015」
「ディープ・パープル …トゥ・ザ・ライジング・サン ~ライブ・アット・武道館 2014」
「サラ・ブライトマン イン・コンサート HYMN 2018」
「セリーヌ・ディオン ライブ・アット・東京ドーム2018」

グラミー賞授賞式の最新情報は特設サイトへ

https://www.wowow.co.jp/music/grammy/

tvgrooveをフォロー!