アーミー・ハマー、ベン・アフレックの後継「バットマン」候補に?

アーミー・ハマー

ベン・アフレック(46)の降板に伴い、次のバットマン役アーミー・ハマー(32)が就任? 気になるウワサについて、本人が明らかにした。

ワーナー・ブラザースと、DCコミックスが展開する映画シリーズ「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」は、先月、マット・リーヴス監督による「バットマン」を主人公にした映画を、2021年6月25日に全米公開する予定を発表(※日本における公開日は未定)。本作には「(現在46歳のアフレックより)若い俳優が起用される」とされ、ベン・アフレックの降板が報じられた。

ベン・アフレック自身、トーク番組を通じてバットマン役の降板を肯定。新作に取り組んでいたものの、「ついに成し遂げられなかった」「そのとき、誰かに譲り渡すときだと悟った。優れた人材が見つかったんだ」と、降板に至った理由を明かした。

後任として、「君の名前で僕を呼んで」(2017)のアーミー・ハマーの名前が浮上。なお、彼は「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラー監督による映画「Justice League: Mortal(原題)」にて、もう少しでバットマンを演じるところだったという経歴を持つ。この作品は結局、制作中止になった。

しかしアーミー・ハマーは、Yahoo Moviesのインタビューにて、「キャスティング権を持つ人物から、興味があるか聞かれていない」とウワサを否定。「まだ脚本段階では」と進捗すら耳に入っていないことを強調している。

「プロダクション間近だとは思えないけれど、こっちの都合を尋ねてくる相手はいないと明言できる。ガッカリだね」

ベン・アフレック

ベン・アフレック、バットマン役からの卒業を改めて認める! 明かされた降板理由は?

2019年2月18日

ニック・ジョナス、次のバットマンに立候補! 必死にアピールするニックが面白すぎる

2019年2月4日
ベン・アフレック / ジェームズ・ガン

DCEU「バットマン」単独映画、公開日決定もベン・アフレック降板か? 「スーサイド・スクワッド2」は、「GOTG」ジェームズ・ガンが監督交渉中

2019年1月31日
tvgrooveをフォロー!