チャニング・テイタム、新作映画撮影後に“ある儀式”をして演じたキャラクターを手放す!その方法とは?[写真あり]

チャニング・テイタム
チャニング・テイタム(インスタグラムより)

『21ジャンプストリート』や『マジック・マイク』などで知られる人気俳優のチャニング・テイタムが、新作映画の撮影後に“ある儀式”をして、話題となっている。

チャニング・テイタムは2021年公開予定の映画『DOG(原題)』の撮影を終え、ルックスを一新することにした。同作で監督デビューも果たしたチャニングは、仲間の兵士の葬儀に間に合わせるため、愛犬ルルを連れてロードトリップに乗り出す元陸軍レンジャーのブリッグスを演じている。

撮影を終えたチャニングは「自分の頭を剃ってキャラクターを手放したんだ。儀式のようなものだね。自由になることは常におれの最高の意思なんだ!もうすぐ自由になるー!」とバズカットの白黒のセルフィーを投稿した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Channing Tatum(@channingtatum)がシェアした投稿

チャニングは、長年のクリエイティブ・パートナーであるリード・キャロラインと共同監督を務め、キャロラインと彼らの友人であるブレット・ロドリゲスが脚本を執筆した。

この秋に『DOG』の撮影をスタートした際、「まだ始まったばかり。もし残りの部分を乗り切れば、おれが今まで参加してきた中で最も狂気に満ちた物語の一つになるはず。これまでの人生では、かなりクレイジーなものの一部だ」と心境を明かしていた。

チャニングといえば、過去に『21ジャンプストリート』でともに仕事をした監督のフィル・ロード、そしてクリス・ミラーと再タッグを組むことが明らかになったばかり。脚本は『ミッドウェイ』のウェズ・トゥックが担当するとのことだ。気になるストーリーは、『マジック・マイク』の製作に携わったリード・カロリンのアイデアに基づくもので、「ドラキュラ、ウルフマン、フランケンシュタインなどを含む、ユニバーサルの古典的なモンスターのレガシーにインスパイアされた現代的で皮肉たっぷりのスリラー」になるという。

新作映画に引っ張りだこのチャニング。彼の新作が公開されるのが楽しみだ。

チャニング・テイタム

チャニング・テイタム、『21ジャンプストリート』監督と再タッグ!モンスタームービー制作へ

2020年11月24日
ジェシー・J

チャニング・テイタムと完全に破局したジェシー・J、改めてシングルであると発言しエンジョイしている動画を投稿[動画あり]

2020年10月23日
チャニング・テイタム

ロックダウン中に鍛え上げた?『マジック・マイク』チャニング・テイタム、インスタグラムにて上半身裸の肉体美を披露!ファンを喜ばせる[写真あり]

2020年9月28日
追悼式に出席したチャニング・テイタムとジェイミー・フォックス

チャニング・テイタムやジェイミー・フォックスなど、セレブたちがジョージ・フロイドさんの追悼式に出席[写真あり]

2020年6月10日
ジェシー・J(インスタグラムより)

ジェシー・J、元恋人チャニング・テイタムの誕生日をお祝い!「あなたは本当に特別な存在よ」

2020年4月27日
tvgrooveをフォロー!