「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主人公スター・ロードはバイセクシュアルだった! ガモーラ以外の人々と100年以上の愛

スター・ロード(クリス・プラット演)
スター・ロード(クリス・プラット演)

マーベルの人気コミックで映画化もされている「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。同作の主人公であるピーター・クイル/スター・ロードが、バイセクシュアルであることがわかった。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

Screen Rantによると、12月9日に発売された新刊コミック「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー No.9(Guardians of the Galaxy)」に含まれるエピソード「I Shall Make You a Star-Lord」の中で、スター・ロードの性的指向(セクシュアル・オリエンテーション)の背景が描かれているのだという。

このストーリーではピーター・クイルが惑星モリヌスにて、「アラディア」「モーズ」という名の青いヒューマノイド型エイリアンにより“一体感”を体験するという実験に誘われる。だがこの時、ピーターはこれを拒否。パートナーであるガモーラのもとに帰らなければ、と言った。

しかし12年後、ピーターの心は変わっていたよう。彼は再びアラディアとモーズに会い、寺院で3人で共にお風呂に入りハグをし、ピーターが「君たちが僕の家だ」と言う。モーズは「昔の君とはさよならだ」と告げ、ピーターが変わったことを表している。

ピーターは「僕を受け入れてくれてありがとう」と2人に感謝する。なんと3人の愛は100年以上も続いたというのだ。

これはコミック上で描かれたものだが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画版の中でピーターのセクシュアリティに関し表現されるかどうかは現時点で不明。現在は『Guardians of the Galaxy Vol. 3(原題)』の制作が進行中であり、またピーターはMCUの別作品『マイティ・ソー』の最新作『Thor: Love and Thunder(原題)』にも登場することが先日報じられている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、次回の3作目でシリーズが終了…!? 監督のある回答が話題に

2020年6月19日
キャサリン・シュワルツェネッガーとクリス・プラット

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』クリス・プラット、妻キャサリンの料理動画に映り込む!料理を褒めながら味見する微笑ましい姿が話題に

2020年4月20日
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(左)、『スーサイド・スクワッド』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』&新『スーサイド・スクワッド』公開は延期ナシ! ジェームズ・ガン監督が明言

2020年4月14日
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(左)、『マイティ・ソー』

『マイティ・ソー』新作になんと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が登場することが明らかに! グルート役ヴィン・ディーゼルがポロリ

2020年3月10日
ポム・クレメンティエフ

『ミッション:インポッシブル』続編に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のポム・クレメンティエフが出演決定

2019年11月20日

 

tvgrooveをフォロー!