ザ・ウィークエンドの“本名”がSNSで世界のトレンド入り! いったいなぜ・・?

ザ・ウィークエンド

今年のスーパーボウルのハーフタイムショーで圧巻のステージを披露したザ・ウィークエンド。ネット上ではパフォーマンスの話題はもちろん、さらには彼の「本名」が話題となっているようだ。

米時間2月7日(日)、フロリダ州タンパベイのレイモンド・ジェームス・スタジアムにて、NFLの優勝決定戦「第55回スーパーボウル」が開催。今年は歌手のザ・ウィークエンドがハーフタイムショーでパフォーマンスを披露した。

【動画】The Weeknd’s FULL Pepsi Super Bowl LV Halftime Show

ネット上では、ザ・ウィークエンドの圧巻のパフォーマンスを絶賛するコメントはもちろん、ミーム(ネタ画像)もあふれ大盛り上がり。

そんな中、ザ・ウィークエンドの本名がSNSでトレンド入りを果たしているというのだ。

ザ・ウィークエンドの本名は、エイベル・マッコネン・テスファイ。ネット上では、ザ・ウィークエンドを本名のエイベルで呼ぶ人も多いようで、「エイベルを誇りに思う!」「エイベルすばらしかった」といった投稿が見られ、ザ・ウィークエンドよりも、エイベルが、ツイッターで「#SuperBowl」に続く2番目のトレンド入りを果たした。

またザ・ウィークエンドは、2013年のインタビューで、この芸名について「17歳の時に、高校を中退して家を出て、友だちのラマーに同じことをするように説得したんだ(笑)。ぼくたちはある週末にそれぞれの実家からマットレスを持って出て行って、家には帰らなかった。『The Weeknd』は、『House Of Balloons』(2011年)のタイトルにする予定だったけど、当時ぼくは自分の名前がキライだったから、ステージネームにすることにしたんだ。響きがクールだったから。でも『e』はとったんだ。すでにカナダ人バンドで『The Weekend』というバンドがいたから、著作権のためにかぶらないようにしたんだ」と明かしている。

ザ・ウィークエンド

ホームレスから世界のスターに! ザ・ウィークエンドがスーパーボウルのハーフタイムショーに出演し、ヒット曲連発で圧巻のステージを披露! 「Blinding Lights」では包帯ダンサーズ大量発生【フル動画あり】

2021年2月8日
ザ・ウィークエンド

ザ・ウィークエンド、自身のキャリアを振り返るアルバム『ザ・ハイライツ』を緊急リリース

2021年2月5日
ザ・ウィークエンド

スーパーボウル ハーフタイムショーに出演するザ・ウィークエンドが記者会見を開催! 特別ゲストの有無&パフォーマンスの詳細をついに発表[動画あり]

2021年2月5日
ザ・ウィークエンド

ザ・ウィークエンド、包帯でボコボコ姿になったのは深ーい理由があった! 彼が伝えたかったメッセージとは

2021年2月4日
ザ・ウィークエンド

ザ・ウィークエンド、スーパーボウルのハーフタイムショーの制作費ために自腹で7億円を追加で支払う! ザ・ウィークエンドの想いとは

2021年1月29日
tvgrooveをフォロー!