「オビ=ワン」スピンオフ、ベイダー卿とのバトルシーンは『スター・ウォーズ』での新記録となる! その理由とは

『 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
『 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

現在制作中の『スター・ウォーズ』スピンオフシリーズ「オビ=ワン・ケノービ」。同作では、とある新記録が作られるようだ。

まもなく撮影がスタートする『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」。時代背景は映画『スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐』の10年後となっており、旧三部作と新三部作の間のできごとが描かれる。

主役であるオビ=ワン・ケノービは映画版に引き続き俳優のユアン・マクレガーが演じ、アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)役もヘイデン・クリステンセンの続投が発表されている。さらに2020年12月には、ルーカスフィルムの社長であるキャスリーン・ケネディ「オビ=ワンとダース・ベイダーの再バトルがある」ということを認め、ファンを沸かせた。

オビ=ワンとアナキン(ベイダー)のバトルは、映画シリーズを通してこれまでに2回描かれている。一度目はエピソード3の『シスの逆襲』でオビ=ワンがアナキンを破り、二度目はエピソード4の『新たなる希望』で今度はベイダーがオビ=ワンを倒した。ドラマシリーズでオビ=ワンとアナキンが再度対決するとなると、3つの実写作品でバトルをすることとなるのだが、Screen Rantによるとこれは同シリーズ上での新記録となる。

アナキンの息子、ルーク・スカイウォーカーとベイダーは『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』でそれぞれ合計2回戦っている。また続三部作のキャラクターであるレイとカイロ・レンは3回ライトセーバーのバトルを繰り広げているのだが、最初の戦いは『フォースの覚醒』で起こり、残りの2回は最終エピソード『スカイウォーカーの夜明け』で繰り広げられたため映画としては2作品のみで戦った。

今回ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」でも対決シーンが描かれる予定であるため、シリーズにとって初めて3つの異なる実写作品でバトルが繰り広げられることになる。オビ=ワンはアナキンを深く愛したが、アナキンは最終的にベイダーとなり彼を憎むというふたりの関係性が多くのファンを魅了しているため、この再バトルはうれしいものだ。

実写シリーズ「オビ=ワン・ケノービ」は今年3月から撮影開始予定であり、ストリーミングサービス「ディズニープラス」にて配信が決まっている。

オビ=ワン・ケノービ

『スター・ウォーズ』の新スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」、キャスト情報が流出・・? あるTikTok動画が話題に[動画あり]

2021年1月25日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」の撮影セットの建設風景が初公開 [写真あり]

2021年1月18日
クワイ・ガン・ジンを演じたリーアム・ニーソン(左)

リーアム・ニーソン、「オビ=ワン」シリーズにクワイ=ガン・ジン役として「出演したい」

2021年1月14日
左からアナキン・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービ、アソーカ・タノ

『スター・ウォーズ』アソーカ・タノ、オビ=ワン・ケノービの新ドラマにも登場か・・!?

2020年12月26日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカー役ヘイデン・クリステンセン、オビ=ワン・ケノービのドラマに出演することによる唯一の“弊害”とは

2020年12月22日
tvgrooveをフォロー!