セレーナ・ゴメスと、セレーナに腎臓を提供したフランシア・ライサがトレンド入り!? 中国のバラエティ番組が腎臓移植をネタにし炎上[写真あり]

セレーナ・ゴメスと、フランシア・ライサ
セレーナ・ゴメスと、フランシア・ライサ

中国のバラエティ番組が、人気歌手で女優のセレーナ・ゴメスの腎臓移植をネタにしたと炎上しているようだ。

セレーナ・ゴメスは、自己免疫疾患のループス(全身エリテマトーデス)の治療の一環として、2017年の夏に腎臓移植手術をしたことを公表。腎臓のドナーとなったのはセレーナの友人で女優のフランシア・ライサで、その壮絶な手術について明かしていた。

手術の時のセレーナとフランシア↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Francia Raísa(@franciaraisa)がシェアした投稿

そんな中、最近「RESPECT SELENA AND FRANCIA(セレーナとフランシアに敬意を払って)」というワードがファンの間で使われ、トレンド入りを果たしたのだという。

実は最近、中国のバラエティ番組「Who’s The Murderer」で、セレーナの腎臓移植をネタにし、顔を入れ替えた写真を公開したのだ。これにはファンたちも「人生で見たもののなかで一番最悪だ。誰かの手術の写真をなぜこんな風に使うことができるの?」「人々がこれがOKだと思えるの?音楽やその他のことならまだしも、これは受け入れられない」「ループスはジョークではない」「こんなの笑えないし、手術は笑いごとではない。ループスは深刻な問題だから、こんなのはやめて!」と批判が殺到した。

セレーナの腎臓移植手術がネタにされたのはこれが初めてではない。2020年にも学園ドラマ「Saved by the Bell(原題)」のリブート版で、登場キャラクターの高校生たちがセレーナの腎臓移植手術と、元カレのジャスティン・ビーバーをネタにしたジョークを飛ばしたことでバッシングされていた。

批判を受け、同ドラマを配信したPeacockは謝罪文を公表。「セレーナの健康を軽く取り扱う意図はまったくもってありませんでした。今セレーナのチームと連絡を取っており、彼女のチャリティ団体『The Selena Gomez Fund for Lupus Research』に寄付をします」と書きつづっていた。果たして中国のバラエティ番組も謝罪する気はあるのだろうか…。

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、ラテン音楽の授賞式で新曲「バイラ・コンミーゴ」を初披露! 約1年ぶりのパフォーマンスにファンたち大興奮[動画あり]

2021年2月22日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、プライベートでの“超リアル”な姿を大公開! 頭ボサボサ&メガネ姿のセレーナに思わず共感・・?[写真あり]

2021年2月18日
友人カップルとセレーナ・ゴメス

独身のセレーナ・ゴメス、バレンタインデーは友人カップルのお邪魔虫になる!? 間に割って入る姿が公開[写真あり]

2021年2月18日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメスの新曲「デ・ウナ・ヴェス」にまつわる裏話をセレーナ本人のコメントとともに解説!『リヴェラシオン』国内盤CD発売も決定[写真・動画あり]

2021年2月17日
テイラー・スウィフト(左)、セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、親友テイラー・スウィフトの新リリースをサポート! セレーナがおくった言葉とは・・・?[写真あり]

2021年2月16日
tvgrooveをフォロー!