第93回アカデミー賞授賞式が開催、『ノマドランド』が主要3部門受賞! 故チャドウィック・ボーズマンが有力視されていた主演男優賞で、まさかのどんでん返しでネット騒然[受賞結果一覧あり]

クロエ・ジャオ監督
『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督

日本時間4月26日、第93回アカデミー賞授賞式が開催され、『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要部門3部門で受賞を果たした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Variety(@variety)がシェアした投稿

今年の授賞式は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、出席人数は大幅に減少。オープニングで登壇したレジーナ・キングからは、「出席者はワクチンや複数回のPCR検査をしています」「映画撮影のように、カメラが回っているときはマスクなしで、カメラがオフの時はマスクをしています」と冒頭で説明があるなど、異例の授賞式となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ABC News(@abcnews)がシェアした投稿

今回、『ノマドランド』で監督賞を受賞したクロエ・ジャオは、アジア人女性初の受賞という快挙を成し遂げたことで注目を浴びた。スピーチで彼女は「『ノマドランド』のみなさん、一生に一度の経験ができました。感謝しています」「時に逆のように思えるかもしれませんが、いつも人々の“善”があると信じています。世界のどこに行ってもそうです。善良な心があるんです。ですので、この賞を捧げたいと思います。信じる人たちに、勇気がある人たちに、善を守っている人たちに、相手の良きところを守ろうとしている人たちに。そんな人たちに捧げたいと思います」と語った。

そして今回のアカデミー賞で一番のサプライズとなったのは、授賞式の最後に発表された主演男優賞だろう。同賞には、『マ・レイニーのブラックボトム』で主演を務めた故チャドウィック・ボーズマンが受賞するのではという声が多かった。彼は、昨年8月に大腸がんでこの世を去ったのだが本作は彼が闘病中に撮影された作品の一つだという。そして、チャドウィック受賞発表のため、主演男優賞のアナウンスを大トリにしたのではとも言われていた。

しかし、受賞したのは、授賞式に不在だった『ファーザー』の アンソニー・ホプキンス。緊張感が高まる中プレゼンターのホアキン・フェニックスがアナウンスするも、アンソニー不在のためスピーチもなく、主演男優賞受賞の発表はあっさりと終わってしまったのだ。

アンソニーは、『羊たちの沈黙』でハンニバル・レクターを演じ同賞を受賞して以来、実に29年ぶりの受賞ということで、祝福の声が上がっているが、その一方で意外な結果に騒然とする人も。ネット上では「チャドウィック受賞のためのこの発表順だったんじゃないの?」「アンソニーはもちろんすばらしい俳優だけど、チャドウィックが受賞するとばかり思っていた」など、さまざまな声が相次いだ。


受賞結果は以下の通り(★が受賞)

作品賞

『ファーザー』
『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』
『Mank/マンク』
『ミナリ』
★『ノマドランド』
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』
『シカゴ7裁判』

監督賞

トマス・ヴィンターベア 『アナザー・ラウンド(英題)』
デヴィッド・フィンチャー 『Mank/マンク』
リー・アイザック・チョン 『ミナリ』
★クロエ・ジャオ 『ノマドランド』
エメラルド・フェネル 『プロミシング・ヤング・ウーマン』

主演男優賞

リズ・アーメッド 『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』
チャドウィック・ボーズマン 『マ・レイニーのブラックボトム』
★アンソニー・ホプキンス 『ファーザー』
ゲイリー・オールドマン 『Mank/マンク』
スティーヴン・ユアン 『ミナリ』

主演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス 『マ・レイニーのブラックボトム』
アンドラ・デイ 『ジ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ(原題)』
ヴァネッサ・カービー 『私というパズル』
★フランシス・マクドーマンド 『ノマドランド』
キャリー・マリガン 『プロミシング・ヤング・ウーマン』

助演男優賞

サシャ・バロン・コーエン 『シカゴ7裁判』
★ダニエル・カルーヤ 『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』
レスリー・オドム・ジュニア 『あの夜、マイアミで』
ポール・レイシー 『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』
レイキース・スタンフィールド 『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』

助演女優賞

マリア・バカローヴァ 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
グレン・クローズ 『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』
オリヴィア・コールマン 『ファーザー』
アマンダ・サイフリッド 『Mank/マンク』
★ユン・ヨジョン 『ミナリ』

国際長編映画賞

★『アナザー・ラウンド(英題)』 製作国:デンマーク
『少年の君』 製作国:香港
『コレクティヴ(英題)』 製作国:ルーマニア
『皮膚を売った男』 製作国:チュニジア
『アイダよ、何処へ?』 製作国:ボスニア・ヘルツェゴビナ

脚本賞

『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』
『ミナリ』
★『プロミシング・ヤング・ウーマン』
『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』
『シカゴ7裁判』

長編アニメ映画賞

『2分の1の魔法』
『フェイフェイと月の冒険』
『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』
★『ソウルフル・ワールド』
『ウルフウォーカー』

脚色賞

『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
★『ファーザー』
『ノマドランド』
『あの夜、マイアミで』
『ザ・ホワイトタイガー』

撮影賞

『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』
★『Mank/マンク』
『この茫漠たる荒野で』
『ノマドランド』
『シカゴ7裁判』

編集賞

『ファーザー』
『ノマドランド』
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
★『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』
『シカゴ7裁判』

美術賞

『ファーザー』
『マ・レイニーのブラックボトム』
★『Mank/マンク』
『この茫漠たる荒野で』
『TENET テネット』

衣装デザイン賞

『エマ(原題)』
★『マ・レイニーのブラックボトム』
『Mank/マンク』
『ムーラン』
『ピノキオ(原題)』

メイク・ヘアスタイリング賞

『エマ(原題)』
『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』
★『マ・レイニーのブラックボトム』
『Mank/マンク』
『ピノキオ(原題)』

作曲賞

『ザ・ファイブ・ブラッズ』
『Mank/マンク』
『ミナリ』
『この茫漠たる荒野で』
★『ソウルフル・ワールド』

歌曲賞

★『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』
『シカゴ7裁判』
『ユーロビジョン歌合戦 ~ファイア・サーガ物語~』
『これからの人生』
『あの夜、マイアミで』

音響賞

『グレイハウンド』
『Mank/マンク』
『この茫漠たる荒野で』
『ソウルフル・ワールド』
★『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』

視覚効果賞

『ラヴ・アンド・モンスターズ(原題)』
『ミッドナイト・スカイ』
『ムーラン』
『ゴリラのアイヴァン』
★『TENET テネット』

長編ドキュメンタリー賞

『コレクティヴ(英題)』
『ハンディキャップ・キャンプ:障がい者運動の夜明け』
『83歳のやさしいスパイ』
★『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』
『タイム』

短編ドキュメンタリー賞

★『コレット(原題)』
『ア・コンチェルト・イズ・ア・カンヴァセーション(原題)』
『ドゥ・ノット・スプリット(英題)』
『ハンガー・ウォード(原題)』
『ラターシャに捧ぐ ~記憶で綴る15年の生涯~』

短編アニメ映画賞

『夢追いウサギ』
『ゲニウス・ロキ(原題)』
★『愛してるって言っておくね』
『オペラ』
『Yes-People』

短編実写映画賞

『フィーリング・スルー(原題)』
『ザ・レター・ルーム(原題)』
『プレゼント』
★『隔たる世界の2人』
『白い自転車』

レジーナ・キング

「第93回アカデミー賞授賞式」開催! 司会のレジーナ・キングがオープニングで、ジョージ・フロイドさん殺害事件について触れる 「私も黒人の息子の母親として・・」

2021年4月26日
プロミシング・ヤング・ウーマン

本年度アカデミー賞最有力『プロミシング・ヤング・ウーマン』、米大学生に無料で配信 重要な“教材”となったそのワケとは?

2021年4月13日
『TENET テネット』

映画『TENET テネット』、今年のアカデミー賞のキャンペーンの競争に参加しなかった理由が明らかに クリストファー・ノーランのある想いとは

2021年4月5日
第92回アカデミー賞授賞式より

第93回アカデミー賞ノミネーション発表! ネットフリックス『Mank/マンク』が最多10部門、主演男優賞にチャドウィック・ボーズマンがノミネート[リストあり]

2021年3月16日
アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ、アカデミー賞を受賞してもしあわせではなかった!? バッシングを受けた当時の心境を告白

2021年1月27日
tvgrooveをフォロー!