米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ、メリンダ夫人と結婚27年で離婚を発表

ビル・ゲイツと、メリンダ・ゲイツ
ビル・ゲイツと、メリンダ・ゲイツ

アメリカのマイクロソフトの共同創業者として知られるビル・ゲイツが、妻のメリンダ・ゲイツと離婚することを発表した。

5月3日、ビル・ゲイツはSNSで声明文を発表。「私たちの関係について、熟慮と多くの努力をした末、私たちは結婚生活に終止符を打つ決定をしました。過去27年間で、私たちは3人のすばらしい子供を育て、すべての人々が健康で生産的な生活を送ることができるように世界中で機能する基盤を構築しました」

「私たちはその使命を共有し続け、財団で一緒に仕事を続けますが、人生のこの次の段階で、夫婦として一緒に成長できるとは思えません。私たちはこの新しい生活をはじめるにあたり、家族のためのプライバシーを求めます。 メリンダ・ゲイツ&ビル・ゲイツ」と、つづっている。

ビル・ゲイツとメリンダ・ゲイツの出会いは1987年のこと。メリンダがマイクロソフト社に入社し、プレス向けのイベントで二人は出会い、1994年1月にハワイで挙式をし結婚した。その後二人はビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を設立し、世界の教育、気候変動、医療、そして地域格差をなくすための慈善活動に取り組み、これまでに巨額の寄付をしてきている。またビルは財団の活動に集中するため、マイクロソフトの役員から退いた。

さらに、現在ネットフリックスで配信されている、ビルのドキュメンタリー番組「天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する」にもメリンダが登場し、結婚当時について語っている。

27年の結婚生活に幕を閉じた二人だが、声明文にもあるように、財団の活動はこれからも共に続けていくようだ。

tvgrooveをフォロー!