ルーカス・グラハムの最新曲「Happy For You」がリリース! 元恋人の幸せを願うエモーショナルなバラード

ルーカス・グラハム 「Happy For You」
ルーカス・グラハム 「Happy For You」

グラミー賞ノミネートを誇るルーカス・グラハムが新曲「Happy For You」をリリースした。2016年に世界的大ヒットした「7 Years」でブレイクを果たしてからも、世界中のリスナーに影響を与え続け、楽曲総再生回数は62億回を突破している。今作「Happy For You」は2021年1発目となるシングルで、ルーカスにとって新たなチャプターの始まりとなる楽曲だ。同曲のミュージック・ビデオは本日22時(日本時間)に公式YouTubeチャンネルで公開される。

Lukas Graham - Happy For You (Official Video With Lyrics)

ルーカスは以下のようにコメントしている。

「これは「もし最悪の事態が起きたらどうしよう」という恐怖に対する歌で、結局、僕らは一緒にならない。それでも僕は君にハッピーであってほしいと思うし、それが何であろうとも、僕は君に幸せでいてほしい。

それは、本当の愛なのか、単なる自己陶酔なのか、欲望なのか?みんなに失恋の別れについて歌ってみようと思ったんだ。残されるってことの困難さと、それに対して立ち向かわないとっていうことをね。」

またこの楽曲ではいくつものグラミー賞やブリット・アワードを受賞している制作チーム、TMSと再び手を組んでいる。TMSはルイス・キャパルディ「Someone You Loved」をはじめ、デュア・リパ、ジョン・レジェンド、マルーン5ら多くのアーティストのヒット曲をプロデュースしてきた。今作は素晴らしいピアノのメロディーに乗せて、一節聴くとすぐルーカスと分かる特徴的な歌声で「きみはどこ?」と響くエモーショナルなバラードで、元恋人の幸せを願う内容になっている。

2021年はアルバムも控えており、続々と楽曲を発表していくとのことで、今後のルーカス・グラハムの活躍を楽しみにしていよう。


プロフィール

デンマークの首都コペンハーゲンにある、小さく貧しいクリスチャニア自治区のソファで生まれたルーカス。自分の人生を等身大で歌に反映していくスタイルで感動を呼び、世界中から共感を集めている。2016年に世界デビューし、父親との関係性を綴り、文字通り“世界中が涙した”という代表曲「セブン・イヤーズ / 7 Years」にて全世界通算30億ストリーミング再生を達成。グラミー賞3部門ノミネート、授賞式でパフォーマンスを行い話題となった。2018年にリリースした、当時生まれたばかりの彼の愛娘に向けて書かれたという「愛することの大切さ」を歌った激エモ・ミディアム・バラード「ラヴ・サムワン / Love Someone」にて10億ストリーミング再生数を誇る、“セツナ系・美メロ”バンド。自国デンマークでは国民的バンドの一つとして人気を博している。ここ日本でも「セブン・イヤーズ」がスマッシュ・ヒット。FUJI ROCK FESTIVAL 2017にて初来日し大きな話題となった。2020年にはウィズ・カリファを迎えた「Where I’m From」、Gイージーを迎えた「Share That Love」とジャンルの垣根を超えた楽曲を発表するなど、幅広い活動を行っている。

シングル情報

ルーカス・グラハム / Lukas Graham

「Happy For You」

ダウンロード/ストリーミング:https://LukasGrahamJP.lnk.to/HappyForYouPu

 

tvgrooveをフォロー!