マーベル最新作『ブラック・ウィドウ』なんと脚本はわずか11日間で作られていた! 「スカーレット・ヨハンソンと何度も話をして…」脚本家が明かす

『ブラック・ウィドウ』
『ブラック・ウィドウ』

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の最新作『ブラック・ウィドウ』。いよいよ今週金曜日に公開の本作は、なんと脚本の第一稿がわずか11日間で完成していたという。脚本家のエリック・ピアソンが明かした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Widow(@black.widow)がシェアした投稿

『アイアンマン2』で初めて登場したナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)はMCU作品に欠かせない主役級のキャラクターとなり、これまで7本のマーベル作品に登場してきた。そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』の最後の決断については賛否両論を巻き起こした。

エリック・ピアソンは、Varietyの取材に対し、脚本の第一稿をわずか11日間で完成させたが、その後は多くのリライト作業があったと話した。「ケヴィン・ファイギ(マーベル社長)、ブライアン・チャペック(共同プロデューサー)、ケイト・ショートランド(監督)と打ち合わせをして、何度もスカーレット・ヨハンソンと何度も話して骨組みを固めた。彼女は電話で話して、それをブループリント(構想)のような文書に落とし込んでいったんだ」「第一稿だったけど、何度も書き直しをしたよ」。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

この作品について主演のスカーレットは「最高な形で締めくくられると思う。この作品は、私が今までしてきた他のマーベル映画とは全然違うものとなっているの」とブラック・ウィドウの引退を示唆するコメントしている。ブラック・ウィドウに別れを告げる作品となる可能性が高いため、ファンからの期待が最高潮に高まっている。

最新作『ブラック・ウィドウ』では、謎に包まれていたブラック・ウィドウの“過去”とアベンジャーズとは別の“偽りの家族”の存在、そして彼女が背負い続けてきた暗殺者としての自分と決別するために挑む壮絶な戦いが描かれる。7月8日(木)に映画館 、そして7月9日(金)ディズニープラス (プレミア アクセス)にて公開予定だ。

スカーレット・ヨハンソン

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソン、第二子を妊娠していることが明らかに 夫コリン・ジョストにとって初めての子供に

2021年7月7日
『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソン、大御所サミュエル・L・ジャクソンからマーベル俳優としての大切なアドバイスをもらっていた!「今では私自身がフローレンス・ピューに伝えているわ(笑)」

2021年7月1日
『ブラック・ウィドウ』より

スカーレット・ヨハンソン、『ブラック・ウィドウ』引退を示唆!? 「もう会えなくなる」といった発言が話題に・・[※ネタバレあり]

2021年7月1日
スカーレット・ヨハンソン

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソン、ビューティーブランドを立ち上げ! 来年に登場予定

2021年6月29日
スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソン、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ブラック・ウィドウの衝撃的な決断について口を開く「さまざまな反応があって面白いけど私にとっては・・・」

2021年6月22日
tvgrooveをフォロー!