数々のマーベル話題作を生み出してきたルッソ兄弟、実はマーベル・スタジオを辞める寸前だった!? MCUヒット作が関係していた・・

ルッソ兄弟
ルッソ兄弟

ジョー・ルッソとアンソニー・ルッソ、通称ルッソ兄弟。彼らはマーベル・スタジオ作品で『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』をはじめ、さまざまな作品の監督を務めてきたことでも知られている。また、スタジオ史上最高の興行収入を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもメガホンをとった。今やマーベルには欠かせない存在となった2人だが、実は、マーベル・スタジオを辞める寸前だったのだという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Russo Brothers(@therussobrothers)がシェアした投稿

新しく発表された書籍「The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe」では、マーベル・スタジオとクリエイティブ・コミッティの関係が破綻しており、彼らは映画から手を引く覚悟を決めたことがあったと明かした。

当時、彼らは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』をめぐって口論となったという。ルッソ兄弟は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の監督を終え、次作も何か新しいものを映画に持ち込みたいと考えていた。それは、アベンジャーズを対立させることだった。しかし、クリエイティブ・コミッティはこのアイデアに拒否反応を示し、アベンジャーズを再結成して、映画のラストでバロン・ジモとスーパーソルジャーの部隊と戦うことを主張したのだという。

その後も対立は続き、ルッソ兄弟は、もしクリエイティブ・コミッティの要求を受け入れることになり自分たちが感じたような刺激的な映画を作ることができないのであれば、映画から手を引く覚悟を決めたのだという。

ジョー・ルッソは「キッパリと自分たちの主張を明確にした」と本の中で語っている。しかし、対立の危機を乗り越え、最終的にメガホンをとった2人。今や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はMCU作品の中でも人気が高い作品の一つだ。彼らの意思が強かったからこそ誕生した作品と言えるだろう。

トム・ホランド、実はスパイダーマンになれなかった可能性があった! ルッソ兄弟が「ケンカになるところだった」と語った意外な理由とは

2021年3月3日
クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、マーク・ラファロ

クリス・エヴァンスやスカーレット・ヨハンソンなど『アベンジャーズ』俳優たちがジョー・バイデン支持のために集結!ルッソ兄弟が動画でイベントを告知[動画あり]

2020年10月20日
トム・ホランド

トム・ホランド、『スター・ウォーズ』を見たことがなかった! ルッソ兄弟に「見なさい」と言われていたことが明らかに

2020年6月30日
アニメ版『ヘラクレス』とルッソ兄弟

ディズニーの実写版『ヘラクレス』、監督は『アベンジャーズ』のルッソ兄弟に! 制作が進行中か

2020年5月1日
ルッソ兄弟

マーベルヒーローが集結! ルッソ兄弟がチャリティーのために「ファンタジー・フットボールリーグ」を開催

2019年9月30日
tvgrooveをフォロー!