巨匠リドリー・スコット監督、「魔法使い映画」の制作を拒否!? なんとディズニーのオファーを断ったことを告白! 先日には「スーパーヒーロー映画」を酷評

リドリー・スコット
リドリー・スコット

映画監督のリドリー・スコットが、ディズニーのファンタジー映画製作を断っていたことがわかった。

リドリー・スコットといえば、映画界で50年近くのキャリアを誇る超大物監督だ。これまで『エイリアン』シリーズはじめ、最新作では『ハウス・オブ・グッチ』『最後の決闘裁判』が話題となっている。

そんなスコット監督がこのたび、The Hollywood Reporterのインタビューに登場。ディズニー社の担当者と面会した際のできごとを振り返った。

ディズニー社は2019年、大手映画スタジオ「20世紀フォックス」を買収。企業カラーを一変させる方針を示した。スコット監督はそれまで、多くの作品でフォックスと協力関係を築いてきたが、ディズニーの方針には合わなかったようだ。

インタビューの中で「彼らは私に、魔法使いモノの映画を作ってほしかったようだ」とディズニーからのオファーについて語ったスコット監督は、「でも私は魔法使いモノはやらない。いいアイデアとはいえないよ」と断ったことを明らかにした。

スコット監督は、その歯に衣着せないコメントでも有名だ。最近では、短時間で多くのメディアから入れ替わり立ち替わりインタビューを受けるプロモーションの場にて、ある記者に「くたばれ!」と言い放ったことも話題になった。

映画界の現状についても多くの意見を述べてきたスコット監督だが、「魔法使いモノ」だけは、彼が批評しない唯一のジャンルだったのだ。

一方、昨年末、スコット監督はヒーロー映画について「脚本がおもしろくなくて、つまらない」と発言し物議をかもしている。

しかし、スコット監督はこれまでにも、大人をターゲットにした映画を作ることを強く支持しているため、今回の発言にも特におどろきはないと言えるだろう。

また、昨年発表した歴史映画『最後の決闘裁判』の興行収入があまりふるわなかったことから、コミック本を原作としたシリーズが大ヒットを記録していることにイライラしている部分もあったのではないかと伝えられている。

新「ゴシップガール」©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

U-NEXTが、2021年もっとも人気だった海外ドラマを発表! 新「ゴシップガール」や「フレンズ」同窓会をおさえて、1位に輝いたのは巨匠リドリー・スコットが手がけたアノ作品

2021年12月22日
リドリー・スコット監督と、『アベンジャーズ/エンドゲーム』

巨匠リドリー・スコット監督が、スーパーヒーロー映画を酷評! 放送禁止用語を交えながら「つまらなすぎる! ツブしてやる!」と痛烈バッシング・・監督がここまで批判するワケとは…?

2021年11月16日
ホアキン・フェニックス

『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、フランスの皇帝ナポレオンを演じることが決定! 監督はリドリー・スコット

2020年10月15日
パッセージ

巨匠リドリー・スコットが放つ、SF超大作! 海外ドラマ「パッセージ」DVDがリリース! 血が繋がっていなくても絆で魅せる“親子”ドラマがアツい

2019年11月1日
Netflix 映画『アースクエイクバード』

リドリー・スコット製作総指揮、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、小林直己、ライリー・キーオら豪華キャスト集結! 東京を舞台に繰り広げられるサスペンス・ミステリー Netflix 映画『アースクエイクバード』ミステリアスな予告編&キービジュアル公開

2019年10月10日
tvgrooveをフォロー!