アリアナ・グランデ、故マック・ミラーとのコラボ曲「ザ・ウェイ」6周年に彼を想う 「あなたはどこへ行ってしまったの」

アリアナ・グランデとマック・ミラー

歌手のアリアナ・グランデ(25)は、昨年死去したラッパーで元交際相手マック・ミラーをまだまだ忘れられていないようだ。

アリアナ・グランデは元恋人で昨年9月に死去したマック・ミラーと、楽曲「ザ・ウェイ」のコラボレーションで出会った。同曲は2013年3月25日にリリースされ、先日で発売から6周年となった。

「ザ・ウェイ」はアリアナ・グランデのファーストシングル。この曲でマックと出会った彼女は、数年の友人期間を経たあとに彼と交際を始めた。

【動画】アリアナ・グランデ feat.マック・ミラー「The Way」

アリアナはこの日、インスタグラムのストーリーで、真黒な画面に白文字で「6年」とシンプルに綴った。ほかの投稿では、マックが飼っていた愛犬マイロン(現在はアリアナが引き取り育てている)がハーネスをつけ、お散歩の準備が万端のように見える写真や、マイロンとの2ショットなどを投稿。

この写真には「自分の魂にすごく保守的になってる。あなたはどこに行っちゃったの」と、マックを思わせるコメントを綴っている。

View this post on Instagram

real protective wit my soullll where YOUUUUUU been

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

View this post on Instagram

🙂

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

マイロンは最近のアリアナのプライベートライフにおいて、重要な役割を果たしている。インスタグラムの投稿ではマイロンがかなりの頻度で登場したり、彼女がマイロンを散歩させている姿も幾度となく目撃されている。

12月にはマイロンのタトゥーもゲット。これは、元婚約者ピート・デヴィッドソンへ捧げたタトゥーをカバーするためでもあった。

マック・ミラーは2018年9月7日に急逝。多数のドラッグをミックスし、過剰摂取したことが死因であった。

それ以来アリアナはマックを思い出してはエモーショナルな感情に包まれ、いまだに悲しみが薄れないようだ。

彼女のスターへの第一歩であった「ザ・ウェイ」リリースから6年。良い出来事も悲しい出来事も乗り越え、アリアナは前を向き、歩み続けている。