サム・ライミ監督、トビー・マグワイアとの『スパイダーマン4』制作に前向きな姿勢を示す!? 彼が語ったこととは・・?

トビー・マグワイア(スパイダーマン)とキルスティン・ダンスト
トビー・マグワイア(スパイダーマン)とキルスティン・ダンスト

サム・ライミ監督が、俳優トビー・マグワイアを主演に迎えた『スパイダーマン4』の監督に復帰することに前向きの姿勢を示している。

サム・ライミ監督の『スパイダーマン』は2002年に公開され、批評家からも興行的にも高い評価を受け、その後、2004年に『スパイダーマン2』、2007年に『スパイダーマン3』と2つの続編を発表した。その後、サム・ライミ監督は『スパイダーマン4』でもメガホンをとることが発表され、2011年5月6日に公開される予定だった。しかし、スタジオとの対立により、ライミ監督はプロジェクトから降板。ソニーは2012年にアンドリュー・ガーフィールドが主演を務めた『アメイジング・スパイダーマン』でフランチャイズをリブートした。

そしてMCU最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で、トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドがスパイダーマンとして復帰したことが話題となった。一方、ライミ監督自身も『ドクター・ストレンジ』続編の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でMCUに参加。これにより、多くの人々が、ソニーが『スパイダーマン4』の可能性に期待を寄せている。

最近ライミ監督が、Moviepilotに出演した際、彼は、「マルチバースに飛び込んでみて、『ドクター・ストレンジ』と同じように、今は何でも可能なんだと気づいたんだ。だから、完全にオープンにしている」とコメントした。

一度はダメになってしまった『スパイダーマン4』の計画が、実現する日がもしかしたらくるのかもしれない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Doctor Strange(@doctorstrangeofficial)がシェアした投稿

サム・ライミが監督を務める『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、大ヒットを記録した『スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム』のその後を描く、マーベル史上最も予測不能で壮大な戦いを描いたファンタジック・アクション超大作。5 月 4 日(水・祝)に公開予定だ。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

トム・ホランド主演の大ヒット作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の冒頭映像10分が特別公開! 5/2には、美川憲一、狩野英孝ら参戦の同時視聴企画も開催

2022年4月27日
バッド・バニー

『スパイダーマン』のスピンオフ『El Muerto』の主人公に、人気歌手バッド・バニーが大抜てき! マーベル映画では初のラテン系ヒーローが誕生へ

2022年4月26日
「マーベル スパイダーマン/フェスティバル」

『スパイダーマン』の期間限定イベント「マーベル スパイダーマン/フェスティバル」がついに大阪に上陸! 撮影で使用した衣装を展示や多彩な限定商品など

2022年4月13日
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 歴代スパイダーマン3人の「NGシーン」の一部を特別公開! 和気あいあい撮影現場の雰囲気や、クスっと笑えるシーンも満載[動画あり]

2022年4月13日
ゼンデイヤ(左)、トム・ホランド Photo: Joel C Ryan/Invision/AP/Shutterstock

『スパイダーマン』トム・ホランド、あの大先輩との対面に大緊張! 心を落ち着かせるため恋人ゼンデイヤをわざわざ現場に呼び寄せていた…? トムが怖気づいてしまった人物とは・・?[ネタバレあり]

2022年4月7日
tvgrooveをフォロー!