『キャプテン・アメリカ』クリス・エヴァンス、若い頃の夢を明かす! 俳優になる前にやりたかった“意外な仕事”とは?

クリス・エヴァンス
クリス・エヴァンス

マーベル・シネマティック・ユニバースのキャプテン・アメリカ役、そしてピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』で知られるクリス・エヴァンスが、若い頃の夢を明かした。

クリスといえば、キャプテン・アメリカ役を引退後、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』や、ネットフリックスの『The Gray Man(原題)』などの大型映画プロジェクトにも出演。そして最近では、カメラから一歩離れて録音ブースに入り、『トイ・ストーリー』に登場するおもちゃ、バズ・ライトイヤーの誕生にインスピレーションを得た、銀河系ヒーローの宇宙的な起源を描く『バズ・ライトイヤー』で、声優を担当している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chris Evans(@chrisevans)がシェアした投稿

クリスは最近、Buzzfeedのインタビューに応え、その中で、クリスが俳優にならなかったらどの職業に就いていたかという質問があった。それに対し彼は「若い頃は、アニメーターになりたかったんだ」と短く答えた。クリスといえば以前、ライトイヤー役を引き受け、ピクサーと仕事をすることがいかに夢の実現であったかを明かしていた。若き日のクリスは、アニメーションの世界で活躍することを夢見たかもしれないが、最終的にそれは出演というかたちで実現した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chris Evans(@chrisevans)がシェアした投稿

ディズニー&ピクサーが贈る最新作『バズ・ライトイヤー』でメガホンを取るのは、『ファインディング・ドリー』でアンドリュー・スタントンと共に共同監督を務め、『トイ・ストーリー』シリーズの短編『ニセものバズがやって来た』で監督を、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では脚本・監督を務めるなどキャラクターを熟知したアンガス・マクレーン。

『バズ・ライトイヤー』は、主人公のスペースレンジャーの原点となる物語。誰よりも仲間想いで世界中から愛される“おもちゃ”バズの知られざるルーツが明かされる。

『バズ・ライトイヤー』は、7月1日(金) 全国ロードショー。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法
クリス・エヴァンス

クリス・エヴァンス、リメイク版『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』のオーディションで歌を披露していた! 「携帯に保存してあるんだ」「どこかに投稿しようかと思ったくらいだよ」

2022年6月21日
クリス・エヴァンス

『キャプテン・アメリカ』クリス・エヴァンス、『スター・ウォーズ』シリーズ参加へ意欲! 「ストームトルーパーだってよろこんでやる」

2022年6月20日
クリス・エヴァンス

クリス・エヴァンス、同性愛嫌悪の声にウンザリ! 『バズ・ライトイヤー』での女性同士のキスシーンが問題視されることに「バカばっかりだ」

2022年6月18日
クリス・エヴァンス

クリス・エヴァンス&ミッキーマウスたちとのショットに違和感? “写真を合成した”疑惑をクリス本人がキッパリ否定、言い訳が可愛らしい[写真あり]

2022年6月14日
クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)

クリス・エヴァンス、キャプテン・アメリカ役を引退して「肩の荷が降りた」! なんと○キロもやせていたことが明らかに

2022年6月14日
tvgrooveをフォロー!