トム・ハンクス、『フォレスト・ガンプ』の有名なベンチシーンの意味を理解していなかった!? 「この際だから言っておくけど・・」 撮影の裏側を明かす

トム・ハンクス
トム・ハンクス

トム・ハンクスが、自身の代表作におけるあの名シーンを振り返っている。

トム・ハンクスといえば、これまで多くの大ヒット映画を世に送り出してきたハリウッドの大物俳優。そんなトムの代表作といえば、1995年に公開された映画『フォレスト・ガンプ 一期一会』だろう。彼はこの作品で、アカデミー賞主演男優賞を受賞している。

『フォレスト・ガンプ 一期一会』は、「トロいヤツ」「まぬけ」を意味する「ガンプ」というあだ名をつけられたトム演じる青年フォレストが、脚の速さと優しさをきっかけにさまざまな人々と出会う、波乱万丈な半生を描いた物語だ。この映画には、好きな人をベンチで待ち続けるシーンがあり、作品の象徴として、ポスターやDVDのジャケットなどに使用されている。

このたび最新出演作『エルヴィス』のPRをかねて「CinemaBlend」のインタビューに応じたトムは、『フォレスト・ガンプ』のこのシーンについて振り返ると、「最初はしっくりきていなかった」ことを明らかにした。

「この際だから言っておくよ、『フォレスト・ガンプ』に登場するあのベンチのシーン。あれはジョージア州のサバンナにある公園で撮ったんだけど、ぼくは作品の一部の素材を撮っているだけだと思っていたんだ」と告白したトムは、「だから監督のボブ(ロバート・ゼメキス)に、『ぼくがただベンチに座っているだけのシーンなんて、だれが気にかけるの?これなに?だれが意味を理解できるの?』って聞いたんだよ」と、当時はシーンの重要性を理解できていなかったと語った。

そしてトムは、「結局撮影することになって、たしかあのときは、(台本)13ページ分ぐらいのセリフを1日半で撮らなければいけなかったんだ。(セリフは)カンペに書かれていたんだけど、しばらくしたら役にのめりこんじゃって、カンペもいらなくなった。撮り終わってボブが言ったんだ。『トム、あれは地雷原なんだ。あのシーンから見た人が何を読み取るかはわからない』ってね。で、最終的に(象徴的な)あのシーンができあがった」と、撮影の裏側を明かした。

トム・ハンクス

“優しい”イメージのトム・ハンクスがファンに激怒!妻に近づきすぎたファンに対し「下がってろ!」「やめてくれ」と叫ぶ[動画あり]

2022年6月17日
昨年に比べ激やせしたトム・ハンクス

トム・ハンクスが激ヤセ!? 顔はやつれ、手が震えている姿も… ネットでは心配の声[動画あり]

2022年6月17日
『ピノキオ』キービジュアル

トム・ハンクスがゼペットじいさんを好演! 名曲「星に願いを」も流れる実写版『ピノキオ』の特報が解禁、魅力あふれるキャラクターと映像美にうっとり

2022年6月3日
オースティン・バトラー

『エルヴィス』主演オースティン・バトラー、名俳優トム・ハンクスから“最高の演技”のアドバイスを受けていた!トムらしいユニークなアドバイスとは・・?

2022年5月27日
トム・ハンクス

トム・ハンクスが一般人結婚式に現れ、サプライズ!「やあ、僕はトム・ハンクス。一緒に写真を撮りたいんだけど・・・」フレンドリーなトムに花嫁も大興奮[写真あり]

2022年3月24日
tvgrooveをフォロー!