ビヨンセ、最新アルバム収録曲の歌詞が「障がい者への差別」と非難殺到! 歌詞の一部を変更することに… 問題視された単語とは?

ビヨンセ
ビヨンセ

ビヨンセが、最新アルバムに収録された楽曲の歌詞のバッシングを受け、一部変更することにした。

世界的歌手ビヨンセの代理人チームはこのたび、7月29日(金)にリリースされた彼女の最新アルバム「ルネッサンス」に収録されている楽曲「Heated」の歌詞を差し替えることを発表した。

この曲をめぐっては、歌詞にある単語が使用されており、この単語がネットを中心に「軽蔑的な意味を持つ」として大きな批判を浴びていたのだ。

【音源】HEATED

楽曲「Heated」の歌詞には、「Spazzin’ on that ass, spazz on that ass」というフレーズが含まれている。

そしてこのフレーズに出てくる「Spaz」という単語が、「頭がおかしい、動作が鈍い、能力がない」などネガティブな意味で使われるスラングだが、痙直型(けいちょくがた)両まひを指す単語から発生した言葉で、障がい者に対する差別であると、今回多くの批判を受けることとなった。

さらに、Gardian紙に掲載されたライターのハンナ・ディヴィニーによるエッセイでも、「ビヨンセの音楽的、視覚的にストーリーを伝えようとする取り組みは他に類をみないもので、黒人女性としての物語、たたかい、ニュアンスが豊富な彼女の生きた経験には世界が注目している。しかし、それは彼女が差別的な言葉を使ってもよいという意味ではない」とつづられている。

この指摘を受け、ビヨンセ側はこのたび声明を発表。その中で、「この楽曲におけるこの言葉は有害な意味で意図的に使用されたわけではないものの、今回、別の単語と差し替えることにしました」とつづり、「成功への道のりは、いまだ工事中のようです」と続けた。

なお、この「Spaz」という単語をめぐっては、歌手のリゾも、今年6月に発表した楽曲「Grrrls」の中で使用したことから大炎上し、最終的に差し替えを余儀なくされた。

ビヨンセ

歌姫ビヨンセがついにTikTokに降臨! 記念すべき最初の投稿にはアノ人気ラッパーも登場しさっそく話題に[動画あり]

2022年7月15日
ビヨンセ

ビヨンセ、今夏発売の最新アルバム「ルネッサンス」より先行シングル「ブレイク・マイ・ソウル」をサプライズ・リリース

2022年6月21日
渡辺直美

渡辺直美、ビヨンセが手がける「Ivy Park」と「adidas」の新コレクションに登場! あこがれのビヨンセにまた一歩近づく「楽しい撮影で愛にあふれていた!」[写真あり]

2022年1月31日
『ドリームプラン』

ウィル・スミス主演『ドリームプラン』日本版予告がついに公開!エンディングテーマはビヨンセ書下ろしの新曲[動画あり]

2021年12月9日
エド・シーランと、妻チェリーさん

エド・シーラン、妻チェリーさんとの2回目のデートで、なんとビヨンセ&ジェイ・Z夫妻とダブルデートしていた! 「レストランに呼ばれて・・」

2021年8月13日
tvgrooveをフォロー!