DC映画『バットガール』、撮影すべて終了しているのに公開が白紙となる・・・これに映画業界人も「度肝を抜かれた」

『バットガール』
『バットガール』

映画『イン・ザ・ハイツ』のレスリー・グレースが主演を務めるDC映画最新作『バットガール』。本作は撮影がすべて終了しているのにも関わらず、公開が白紙となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rotten Tomatoes(@rottentomatoes)がシェアした投稿

当初予定されていたHBO Maxでの公開も、劇場での公開も行われないという。

Varietyによると、この映画は撮影を終え、テスト上映の段階にあり、仕上げが必要なだけだった。その寸前で公開がなくなることは、新型コロナウイルスのパンデミックによるコスト増を経て9000万ドルの製作費がかかっていたことを考えると、異例の展開といえるだろう。

あるコミック業界関係者で、映画業界でも働く情報筋は、「完成した映画がキャンセルされるようなことは、これまで見たことがない」と語った。

Varietyによると今回、この映画が破棄された理由としては、ワーナーメディアとディスカバリーの合併後、DCの新しい親会社となったワーナー・ブラザース・ディスカバリーが、コスト削減のための変更を重ねており、税金の償却をするためだという。

同社は声明の中で、この決定はグレースの業績を 「反映したものではない」とし、「DCユニバースとHBO Maxに関連する、我々のリーダーシップの戦略的シフトを反映したものだ 」と述べている。また、DC映画を正しい軌道に乗せることを優先事項としているとコメントした。

この決定に、監督を務めたアディル・エル・アルビと、ビラル・ファラーはショックを隠しきれず、現在の思いを声明文につづっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rotten Tomatoes(@rottentomatoes)がシェアした投稿

4月、Varietyは、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーが、あまり使われていないキャラクターを活性化させ、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギのようにDCのクリエイティブ戦略を監督する重役を見つけたいと報じていた。

DCには、『アクアマン』や『ジョーカー』など、全世界で10億ドルを超えるヒット作がある一方、『スーサイド・スクワッド』や『シャザム!』など、興行的には振るわなかったものの、批評家に人気の高い作品もある。しかし、ほとんどの場合、DC映画はマーベル映画のような安定した批評と経済的な高みに到達するのに苦労しており、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーはこれを変えようとしているようだ。

マイケル・キートン

DC映画&マーベル映画に出演しているマイケル・キートン、実はヒーロー映画をじっくり見たことがない!? その理由になんだか納得

2022年8月3日
ザッカリー・リーヴァイ

DCEU『シャザム!3』は実現する・・? 主演ザッカリー・リーヴァイが可能性を言及!サンディエゴ・コミコンで彼が語ったこととは?

2022年7月25日
アクアマン

ジェイソン・モモア、『アクアマン2』のギャラは1作目の2倍!? 1作目はDCEUで最も高い興行収入をあげたことが大きな理由・・?そのオドロキの額とは

2022年7月22日
マイルズ・テラー

『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラー、彼が今後DCやマーベル映画に出る可能性は? ファンの期待の声にマイルズが語ったこととは

2022年6月15日
Actress Karen Gillan wearing a Prabal Gurung dress and Irene Neuwirth jewelry arrives at the World Premiere Of Columbia Pictures' 'Jumanji: The Next Level' held at the TCL Chinese Theatre IMAX on December 9, 2019 in Hollywood, Los Angeles, California, United States.

『アベンジャーズ』カレン・ギラン、DCコミックの女性ヒーロー映画で「監督&主演をやりたい」と発言!彼女が熱望するDCキャラクターとは?

2020年1月20日
tvgrooveをフォロー!