『ブロンド』プロデューサーのブラッド・ピット、キューバなまりで反発を受けるアナ・デ・アルマスを支持「彼女は驚異的な演技をしている」

ブラッド・ピット Photo: Image Press Agency/NurPhoto/Shutterstock
ブラッド・ピット Photo: Image Press Agency/NurPhoto/Shutterstock

2度のオスカー受賞者である俳優のブラッド・ピットは、アンドリュー・ドミニク監督のマリリン・モンロー伝記映画『ブロンド(原題)』にクレジットされた6人のプロデューサーの1人だ。本作で、主演を務めたアナ・デ・アルマスのキューなまりに反発の声が上がっているが、ブラッドはアナを擁護するコメントをした。

ブラッド・ピット↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sony Pictures(@sonypictures)がシェアした投稿

先日、ETの取材に対し「彼女は驚異的な演技をしている」と語ったブラッドは「10年がかりの作品だった。アナを見つけるまでは、ゴールラインを通過することはできなかったんだ」と続けた。

『Blonde(原題)』は、作家のジョイス・キャロル・オーツの同名小説が原作。マリリン・モンロー(ノーマ・ジーン・ベイカー)がアメリカの田舎町の少女からハリウッドのスター女優への人生をたどり、その旅における数々の試練を描いたフィクションの伝記で、アンドリュー・ドミニクが監督を務める。ネットフリックスのオリジナルコンテンツで、NC-17レーティング(17歳未満視聴禁止映)となったことでも話題になっている。

本作の予告編公開後、アナのキューバなまりの話し方について反発の声が上がっていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A N A D E A R M A S(@ana_d_armas)がシェアした投稿

そんな彼女に対して擁護する姿勢を見せたのは、ブラッドだけではない。モンローの遺産管理会社は本作を公式に許可していないが、アナのキャスティングを支持する声をすぐに上げた。マリリン・モンローの遺産を所有するオーセンティック・ブランズ・グループのエンターテインメント担当社長マーク・ローゼンは、「マリリン・モンローは、世代や歴史を超えたハリウッドとポップカルチャーの特別なアイコンです。この役に挑戦する俳優は、大きな役割を担うことを知っています。予告編を見ただけで、マリリンの魅力、人間性、そして弱さをとらえたアナは、すばらしいキャスティングだったと思います。映画の全貌を見るのが待ちきれません!」とコメントしていた。

アナ・デ・アルマスのインスタグラムより

映画『ブロンド』英語がなまっていて反発を受けたアナ・デ・アルマスをマリリン・モンロー財団が擁護!「すばらしいキャスティング」

2022年8月3日
マリリン・モンロー演じるアナ・デ・アルマス

『ブロンド』アナ・デ・アルマス、マリリン・モンロー役なのにキューバなまりの英語? ネット上で反発招く

2022年7月31日
アナ・デ・アルマス

アナ・デ・アルマス、女性版ジェームズ・ボンドの可能性!? 「その必要性は…」 アナ本人が言及

2022年7月26日
ベン・アフレックとアナ・デ・アルマス

アナ・デ・アルマス、パパラッチにうんざりしてLAからNYに引っ越していた! 「本当に逃げ場がないの」 ベン・アフレックとの交際中、毎日写真を撮られていたことが明らかに

2022年7月18日
アナ・デ・アルマスのインスタグラムより

アナ・デ・アルマス主演のマリリン・モンロー映画、物議をかもすなか原作者は大絶賛「まるでファンタスティック」原作者が語ったこととは・・?

2022年7月13日
tvgrooveをフォロー!