御歳91歳のジェームズ・アール・ジョーンズ、『スター・ウォーズ』ダース・ベイダーの声優をついに引退! 声を引き継ぐのはなんとAI

ジェームズ・アール・ジョーンズ Photo: Rick Rycroft/AP/Shutterstock
ジェームズ・アール・ジョーンズ Photo: Rick Rycroft/AP/Shutterstock

ジェームズ・アール・ジョーンズ(91)が、ダース・ベイダーの声を引退することとなった。

ジェームズ・アール・ジョーンズは、『スター・ウォーズ』シリーズ第一作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以来ずっとダース・ベイダーの声優を務めてきた。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

Vanity Fairによると、ジェームズ・アール・ジョーンズはダース・ベイダーの声優を引退し、キャラクターの声優権をルーカスフィルムと、エンタメ業界向けの音声変換技術を提供する「Respeecher」に引き渡したという。

「Respeecher」社はウクライナの企業で、アーカイブの録音とAIプログラムを使って、役柄から外れたり亡くなった声優の声を使って新しいセリフを創作するという。

最近では、『スター・ウォーズ』の実写ドラマ『ボバ・フェット』で若き日のルーク・スカイウォーカーの声を再現したり、『オビ=ワン・ケノービ』で、ダース・ベイダーの声を模倣するのにこの方法が使われた。

ジェームズの引退は、ウクライナの紛争が影響しているという。窓の外で戦争が続いている中でも、社員はずっとプロジェクトに取り組んでいたという。Vanity Fairは「同社の共同設立者兼CTOのドミトロ・ビエリエフツォフは、爆風に備えて窓の前にタブレットや本などが積み上げられた劇場でネットに接続していた」「従業員は古いレンガ造りの地下室に避難した」と、過酷な状況下であることを明かしている。

『スター・ウォーズ』在籍期間の多くの時間をジェームズと仕事をしてきた「ルーカスフィルム」のサウンドエディター、マシュー・ウッドは、「Respeecher」の可能性を示し、ジェームズがベイダーを生かすために彼の声の権利を譲ることに同意したという。

「オビ=ワン・ケノービ」

「オビ=ワン・ケノービ」に、あのレジェンド声優がカムバック!? 「鳥肌が立った!」とファン大興奮[※ネタバレあり]

2022年6月3日
ダース・ベイダー

『スター・ウォーズ』ダース・ベイダー役声優、第1作目のギャラはたったの90万円だった! オドロキの事実が判明するも、本人は大満足!? 「これは大金だと思いました」

2022年5月10日
2005年に公開された『スター・ウォーズ』集合写真

『スター・ウォーズ』シリーズ歴代出演者で最もお金持ちなのは誰!? 総資産ランキングが発表 ナタリー・ポートマン、キャリー・フィッシャーをおさえダントツ1位に輝いたのは、長年大活躍のあの俳優

2021年12月31日
ダース・ベイダー

『スター・ウォーズ』エピソード5の大どんでん返しは、なんと出演者にも知らされていなかった! それがわかった意外な経緯とは・・

2021年4月23日
デヴィッド・プラウズ

ダース・ベイダー俳優のデヴィッド・プラウズが85歳で死去 マーク・ハミルら共演者が追悼のコメントを投稿

2020年11月30日
tvgrooveをフォロー!