ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

『スター・ウォーズ』ダース・ベイダー役声優、第1作目のギャラはたったの90万円だった! オドロキの事実が判明するも、本人は大満足!? 「これは大金だと思いました」

ダース・ベイダー
ダース・ベイダー

ダース・ベイダー役声優に支払われた報酬は、その世界的人気からはほど遠い額だったようだ。

世界中に熱狂的なファンを抱えるスペースオペラ『スター・ウォーズ』シリーズの象徴的キャラクター「ダース・ベイダー」。1977年に第一作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開された際、アーマーを着て演じていたのは2020年に亡くなった俳優デヴィッド・プラウズだったが、その声を演じていたのは、実はジェームズ・アール・ジョーンズという別の人物だった。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

そしてそんなジェームズ・アール・ジョーンズに支払われた当時の報酬が、わずか7,000ドル(約91万円)であったことが、このたびアメリカ映画協会が再公開した映像から明らかになった。

公開された映像の中でジョーンズは、監督のジョージ・ルーカスがデヴィッド・プラウズの声に納得していなかったとし、「ジョージは、失礼ながら、もっと暗い声を求めていたのです」と語ると、「そこで彼は、ミシシッピ生まれミシガン育ちの吃音症(言葉がスムーズに出てこない症状)の人物を雇いました。それが私です。あれは私の声だったのです」と付け加えた。

このインタビューの中で、ジョーンズは報酬額について不満を漏らすことはなかった。むしろ、「巨額すぎる」と戸惑ったそうだ。

「私にはいわゆるハンディキャップがあります。そんな私に、幸運にも7,000ドルの仕事が舞い込んだのです。これは大金だと思いました」と語ったジョーンズは、「それに、映画の声優になれたんですよ!」と興奮する様子を見せていた。

またジョーンズは、続編となる『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』にてジョージ・ルーカスと意見がぶつかったことも告白。

ジョーンズによると、当時彼はダース・ベイダーの声について「より繊細で心情を表現したもの」にしたいと考えていたそうだが、「ジョージの見方はちがっていた」と明かしている。

ヘイデン・クリステンセン(左)、ユアン・マクレガー Photo: Lucasfilm/Fox/Kobal/Shutterstock

「オビ=ワン・ケノービ」ユアン・マクレガー、“ダース・ベイダー”との初対決は「本当に恐ろしかった」! 元弟子を前にリアルにビビッてしまったことを告白

2022年4月28日
ヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセン、17年ぶりにダース・ベイダー役を再演するうえで行った意外な役作りを告白! スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」の準備は主人公以上にばっちり・・!?

2022年4月21日
ダース・ベイダーのファーストルック

『スター・ウォーズ』新スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」、ついにダース・ベイダーのファーストルックが公開! ヘイデン・クリステンセンのカムバックにファン大興奮[写真あり]

2022年3月11日
お葬式に登場したダース・ベイダーとストームトルーパー

ダース・ベイダーがお葬式に登場!?『スター・ウォーズ』ファンの女性が自身の葬儀のために出したリクエストとは・・

2021年10月26日
ダース・ベイダー

『スター・ウォーズ』ダース・ベイダー、『ローグ・ワン』と『エピソード4』でなぜ“戦い方”を変えたのか

2021年5月18日
ヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』なぜダース・ベイダーは、アナキン・スカイウォーカーのころより“弱く”なってしまったのか 実はあの決闘が原因・・? 監督ジョージ・ルーカスが過去にその詳細を明かしていた

2021年3月10日
tvgrooveをフォロー!