レイチェル・ゼグラー、19歳で乳がんに対する恐怖を経験したと告白「私は胸にしこりを見つけて・・」定期的チェックを呼びかける

レイチェル・ゼグラー
レイチェル・ゼグラー

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』で知られる女優のレイチェル・ゼグラー(21)が、19歳の時に乳がんの恐怖を体験したと明かした。

レイチェル・ゼグラー↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

rachel zegler(@rachelzegler)がシェアした投稿

レイチェルは先日、インスタグラムのストーリーズ機能で、19歳の時に乳がんの恐怖から、外来生検の処置を受けた後にできた傷跡の写真を共有した。

レイチェルは「2年前、私は胸にしこりを見つけ、間違いなく私の人生で最も恐ろしい一週間を経験しました」とつづっている。「パンデミックの影響で、どの産婦人科も新患を受け入れていませんでしたが、幸運にもかかりつけの小児科医が超音波検査を処方してくれ、外来での生検処置に至りました」「ありがたいことに、良性でした」と続けた。

また最後には「左胸の線維腺腫はよくあることですが、それでも見つけると非常に怖いのです。早期発見が命を救うのです」と定期的なチェックをフォロワーに呼びかけた。

レイチェルといえば、ディズニー実写版の『白雪姫(原題)』の主役に大抜てきされており、彼女がラテン系の女優であることから、ネット上では彼女のキャスティングに反発する声が上がっていた。それに対しレイチェルは「Twitterで何日もトレンド入りするような大きな出来事だった、だってみんな怒っていたんだもの」と、VarietyのActor on Actorsシリーズでアンドリュー・ガーフィールドとトークした際に口にしていた。それでも「結局のところ、私には本当にワクワクするような仕事があるのよ。ラテン系のお姫様になれるんだから」と前向きな姿勢を見せていた。

レイチェル・ゼグラーと、ジョシュ・アンドレス・リヴェラ

『ウエスト・サイド・ストーリー』共演カップルのレイチェル・ゼグラーとジョシュ・アンドレス、なんと『ハンガー・ゲーム』前日譚でも共演決定

2022年6月17日
レイチェル・ゼグラー

『ウエスト・サイド・ストーリー』レイチェル・ゼグラー、『ハンガー・ゲーム』前日譚の主役に大抜てき! 「よろこびにあふれています」

2022年6月3日
レイチェル・ゼグラー

『ウエスト・サイド・ストーリー』レイチェル・ゼグラー、大ヒットを記録した映画『ハンガー・ゲーム』の前日譚に出演の可能性!? 意味深ツイートにファン大興奮

2022年5月31日
レイチェル・ゼグラー

ディズニー映画から飛び出してきたみたい!? 実写版『白雪姫』レイチェル・ゼグラー 、白雪姫に扮した姿を初めてキャッチされる[写真あり]

2022年5月23日
レイチェル・ゼグラー

レイチェル・ゼグラー、ディズニー実写版『白雪姫』についてちょっとだけシェア!撮影現場は「魔法にかかったよう」「自分がディズニープリンセスだなんて・・・」

2022年4月6日
tvgrooveをフォロー!