カミラ・カベロ、最後のツアー映像に感極まる! 「映像を見ながら泣いているわ」[動画あり]

カミラ・カベロ

人気ガールズグループ「フィフス・ハーモニー」の元メンバーで、現在ソロアーティストとして活躍するカミラ・カベロが、世界ツアー「Never Be The Same Tour」の最後のツアーダイアリー映像を公開した。

カミラ・カベロは、2012年から「フィフス・ハーモニー」のメンバーとして活動を開始し、2016年末に脱退。その後ソロアーティストとして活躍し、2017年9月にリリースした楽曲「ハバナ」が世界中で大ヒットし、数々の賞を受賞した。

そしてカミラは2018年1月にソロデビュー・アルバム「カミラ」をリリースし、全米ナンバー1を獲得。2018年4月からはアルバムを引っさげた世界ツアー「Never Be The Same Tour」をスタート。さらに同時進行で、人気歌手テイラー・スウィフトの世界ツアー「Reputation Stadium Tour」に、サポートアクトとして同行した。

カミラはYouTubeにて、「Never Be The Same Tour」のツアーダイアリーを公開してきたが、今回最後となる南米編が公開された。

南米に到着し、最後の公演を目前に感極まるカミラ。テイラーとのツアー含め88もの公演をこなしてきた彼女は、ツアーでのファンたちとの想い出と感謝を述べた後「打ち上げではみんなで踊ったわ。人生であんなに汗をかいたことはなかったわね!ツアーが終わったことが信じられないわ」と語った。

また、最後のツアー映像が公開され、それを見たカミラは「車の中で最後の『Never Be The Same Tour』の映像を見て泣いているわ。夢のような人生を歩むことができて本当に感謝しているし、私のことを応援してくれる人たちがいて本当にラッキーよ。また仕事に戻るのが楽しみだわ!愛しています」とツイートした。

tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!