イギリス王室チャールズ国王、戴冠式の3日間のスケジュールが明らかに! 確執がウワサされるヘンリー王子夫妻の出席はありえる・・?

チャールズ3世新国王 Photo: James Veysey/Shutterstock
チャールズ3世新国王 Photo: James Veysey/Shutterstock

イギリス王室チャールズ国王の戴冠式のスケジュールが少しずつ明らかになっている。

昨年9月8日、母であるエリザベス女王2世が死去したことにより即位したイギリスのチャールズ国王。正式に国王に即位するため、9カ月後の今年5月6日(土)に式典が執り行われる。これにともない、妻のカミラ王妃も正式に「王妃」としての称号を受けることになる。

1月21日(土)、イギリス王室は、5月6日(土)に行われる戴冠式当日と、その後2日間のスケジュールを発表。この3日間、イギリス国内は祝福ムードにつつまれ、世界的スターによるコンサートも予定されているという。

発表された3日間のスケジュールは以下の通り。

5月6日(土)

チャールズ国王とカミラ王妃の戴冠式はこの日の午前中、ウェストミンスター寺院にてカンタベリー大主教によって執り行われる。

この式典は、バッキンガム宮殿からウェストミンスター寺院までの行進でスタート。戴冠式終了後は、ウィリアム皇太子一家らロイヤルファミリーとともにバッキンガム宮殿まで行進する。

宮殿到着後はロイヤルファミリーがバルコニーに登場し、国民にあいさつするという。

5月7日(日)

この日は戴冠を記念する大規模な祝賀コンサートが開催される。

出演者の顔ぶれは現時点ではまだ明らかになってないが、「世界的な音楽のアイコンと現代のスターたち」がオーケストラとダンサーをともなって参加するとされている。

またこの日は国全体で食事を楽しむ「ビッグランチ」の日。

国内のすべてのコミュニティが通りにテーブルを出してパーティを開催。家族だけでなく近所の住民も一緒になってランチやティータイムを楽しむ。

5月8日(月)

最終日となるこの日は「ビッグ・ヘルプ・アウト」の日として、国全体でチャリティ活動を推奨。

「ボランティア活動がイギリス全土のコミュニティに与えるポジティブな影響に光を当てる」日だとされている。

なお、回顧録出版で物議をかもしている国王の次男ヘンリー王子の出席は現時点では明らかになっていない。

左からエリザベス女王、メーガン妃、ヘンリー王子 Photo: Matt Dunham/AP/Shutterstock

ヘンリー王子、故エリザベス女王が息を引き取った城に妻メーガン妃が招待されなかったと暴露! 父チャールズ国王の判断を「無意味で無礼」と大バッシング

2023年1月10日
ヘンリー王子 Photo: ITV/Shutterstock

ヘンリー王子、本当の父親は「故ダイアナ妃の不倫相手」説について言及! 「このウワサの原因の1つは・・」 父チャールズ国王が言い放った言葉とは

2023年1月10日
メーガン妃と、チャールズ国王 Photo: Shutterstock

チャールズ国王、確執がウワサされるヘンリー王子夫妻を戴冠式に招待へ! 「陛下はつねにヘンリー王子を愛している」 一方で世間からは反発の声も・・

2022年12月20日
チャールズ国王 photo : Stuart Wallace/Shutterstock

チャールズ国王、またしても卵を投げつけられる! 前回の投げつけ事件から1か月足らず・・・ 23歳の男を逮捕[動画あり]

2022年12月8日
ドミニク・ウェストと、チャールズ皇太子(1992年 Photo: David Hartley/Shutterstock)

ドミニク・ウェスト、「ザ・クラウン」のチャールズ皇太子役には「ハンサムすぎる」という批判に反論! チャールズ皇太子の「どん底時代」を演じた心境を明かす

2022年12月2日
tvgrooveをフォロー!