マドンナのオシリがいきなり巨大化!? インプラント手術のウワサに本人が回答

マドンナ

“ポップスの女王”こと、マドンナ(60)がお尻を整形? 「インプラントを入れた」とのウワサに、本人が答えている。

1月3日、マドンナはかねてよりウワサされていた“豊尻手術”の事実を示唆するような内容を、インスタグラムに投稿。ウワサの発端は、大みそかに行われたサプライズパフォーマンスの映像で、彼女のお尻がいつもより大きく見えたためだ。「カーダシアン風のインプラントを入れた?」と、整形手術が議論の的になっていた。

マドンナは直接この件に言及していないものの、「誰かのアプルーバルなんて求めていない」と一言。「私のボディはフリーエージェンシー契約なの、みんなと同じようにね」と、どうであれ自分の勝手であることを強調した。UsWeeklyが伝えている。

View this post on Instagram

Did Madonna get a Kardashian implant???

A post shared by Naughty Gossip (@thenaughtygossip) on

ファンの多くもこれに同調しており、「あなたの身体はあなたのもの。あなたはいまのあなたそのもの」、「いつもきれいだね」とコメントしている。一方で、「ずっとファンだけど、もっとマシな執刀医がいい仕事をしてくれればよかったのに」といった声も。

マドンナの美容整形が取りざたされるのは、今回が初めてではない。しかし本人は、これまで手術を認めたことは一切なく、60歳になる今もシャープな体型をキープできるのは、ワークアウト、そして厳しくクリーンな食生活のたまものであると述べている。マドンナは、いまではメジャーとなっているマクロビダイエットを、流行前にいち早く取り入れたセレブのひとりだ。

tvgrooveをフォロー!