第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式開催! 「ボヘミアン・ラプソディ」「グリーンブック」が作品賞! レディ・ガガは主題歌賞を受賞し涙[映画部門]

ラミ・マレック、レディ・ガガ

1月7日、第76回ゴールデン・グローブ賞が授賞式、アメリカ・カリフォルニア州ビバリーヒルズ「ザ・ビバリー・ヒルトン・ホテル」にて開催された。

映画の部、ドラマ部門では、世界中で大ヒットを記録している映画「ボヘミアン・ラプソディ」作品賞を受賞。また主演を務めたラミ・マレックは、男優賞を受賞し2部門での栄冠となった。同部門の女優賞は、「天才作家の妻 -40年目の真実-」で主演を務めたグレン・クローズが受賞した。

コメディ/ミュージカル部門では、天才黒人ピアニストと粗野なイタリア系用心棒の実話を描いた作品「グリーンブック」が、作品賞脚本賞助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3部門を受賞した。

またレディ・ガガ主演、ブラッドリー・クーパーが監督も務める話題作「アリー/ スター誕生」からの楽曲「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」は、主題歌賞を受賞。自身の受賞を知った、レディ・ガガがおもわず歓喜の涙を流す場面があった。

ちなみに同賞のプレゼンターを務めたのは、歌手のテイラー・スウィフト。彼女の出演は事前に全く予告されておらず、大きなサプライズとなった。

なお、外国語映画賞にノミネートされていた「万引き家族」は惜しくも受賞を逃した。

映画部門の受賞結果は以下の通り。

■ドラマ部門

◇作品賞
「ブラックパンサー」
「ブラック・クランズマン」
◎「ボヘミアン・ラプソディ」
「ビール・ストリートの恋人たち」
「アリー/ スター誕生」

◇女優賞
◎グレン・クローズ「天才作家の妻 -40年目の真実-」
レディー・ガガ「アリー/ スター誕生」
ニコール・キッドマン「Destroyer(原題)」
メリッサ・マッカーシー「Can You Ever Forgive Me?(原題)」
ロザムンド・パイク「A Private War(原題)」

◇男優賞
ブラッドリー・クーパー「アリー/ スター誕生」
ウィレム・デフォー「永遠の門 ゴッホの見た未来」
ルーカス・ヘッジス「Boy Erased(原題)」
◎ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」
ジョン・デヴィッド・ワシントン「ブラック・クランズマン」

■コメディ/ミュージカル部門

◇作品賞
「クレイジー・リッチ!」
「女王陛下のお気に入り」
◎「グリーンブック」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「バイス」

◇女優賞
エミリー・ブラント「メリー・ポピンズ リターンズ」
◎オリヴィア・コールマン「女王陛下のお気に入り」
エルシー・フィッシャー「Eighth Grade(原題)」
シャーリーズ・セロン「タリーと私の秘密の時間」
コンスタンス・ウー「クレイジー・リッチ!」

◇男優賞
◎クリスチャン・ベール「バイス」
リン=マニュエル・ミランダ「メリー・ポピンズ リターンズ」
ヴィゴ・モーテンセン「グリーンブック」
ロバート・レッドフォード「The Old Man & the Gun(原題)」
ジョン・C・ライリー「Stan & Ollie(原題)」

■助演女優賞
エイミー・アダムス「バイス」
クレア・フォイ「ファースト・マン」
◎レジーナ・キング「ビール・ストリートの恋人たち」
エマ・ストーン「女王陛下のお気に入り」
レイチェル・ワイズ「女王陛下のお気に入り」

■助演男優賞
◎マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
ティモシー・シャラメ「Beautiful Boy(原題)」
アダム・ドライヴァー「ブラック・クランズマン」
リチャード・E・グラント「Can You Ever Forgive Me?(原題)」
サム・ロックウェル「バイス」

■アニメ作品賞
「インクレディブル・ファミリー」
「犬ヶ島」
「未来のミライ」
「シュガー・ラッシュ:オ​ンライン」
◎「スパイダーマン:スパイダーバース」

■外国語映画賞
「Capernaum(原題)」(レバノン)
「Girl(原題)」(ベルギー)
「Never Look Away(原題)」(ドイツ)
◎「ROMA/ローマ」(メキシコ、アメリカ)
「万引き家族」(日本)

■監督賞
ブラッドリー・クーパー 「アリー/ スター誕生」
◎アルフォンソ・キュアロン「ROMA/ローマ」
ピーター・ファレリー「グリーンブック」
スパイク・リー「ブラック・クランズマン」
アダム・マッケイ「バイス」

■脚本賞
アルフォンソ・キュアロン「ROMA/ローマ」
デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ「女王陛下のお気に入り」
バリー・ジェンキンス「ビール・ストリートの恋人たち」
アダム・マッケイ「バイス」
◎ピーター・ファレリー、ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー「グリーンブック」

■作曲賞
マルコ・ベルトラミ「クワイエット・プレイス」
アレクサンドル・デスプラ「犬ヶ島」
ルドウィグ・ゴランソン「ブラックパンサー」
◎ジャスティン・ハーウィッツ「ファースト・マン」
マーク・シャイマン「メリー・ポピンズ リターンズ」

■主題歌賞
「オール・ザ・スターズ」、「ブラックパンサー」
「Girl in the Movies」、「Dumplin’(原題、原作邦題:恋するぷにちゃん)」
「Requiem for A Private War」、「A Private War(原題)」
「Revelation」、「Boy Erased(原題)」
◎「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」、「アリー/ スター誕生」

エマ・ストーン、ゴールデン・グローブ賞授賞式で公開謝罪! いったいどうして?[動画]

2019.01.07

レディー・ガガ、ゴールデン・グローブ賞主題歌賞を受賞! 感動のあまり涙 & テイラー・スウィフトも祝福[動画あり]

2019.01.07

テイラー・スウィフトが、ゴールデン・グローブ賞授賞式にサプライズ登場! 恋人ジョー・アルウィンとの2ショットは・・

2019.01.07