映画「マトリックス4」が製作決定! ネオ役キアヌ・リーブス×監督ラナ・ウォシャウスキー続投へ

キアヌ・リーブス

人気映画「マトリックス」シリーズの4作目となる最新作「マトリックス4(仮題)」が製作されることがわかった。variety.comが伝えている。

「マトリックス」は1999年に公開されたSF映画で、仮想現実=マトリックスをテーマに、カンフーアクション、メタファー、哲学や信仰を取り上げ、さらにVFXを融合した斬新な映像表現が話題となり、その年のアカデミー賞では、視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞の4つを受賞した。その後映画はシリーズ化され、「マトリックス リローデッド」(2003)、「マトリックス レボリューションズ」(2003年)が公開された。

そんな大ヒット作「マトリックス」の続編が製作されることが明らかになった。

現地時間8月20日(火)、ワーナーブラザース・ピクチャーズの会長であるトビー・エメリッヒ氏は、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズとともに続編を制作することを発表。また続編でも、シリーズで主演ネオ(トーマス・A・アンダーソン)役を務めたキアヌ・リーブスと、トリニティー役のキャリー=アン・モス、そしてラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本・製作総指揮を務めるという。

トビー・エメリッヒ氏は「ラナと共に再び『マトリックス』を制作できることにとてもうれしく興奮しています。ラナは真の、先見の明のある独創的な映画監督で鵜。彼女が『マトリックス』の世界の新章で、脚本を書き、監督し、そしてプロデュースすることが楽しみです」と語った。「マトリックス4」は2020年のはじめに製作をスタートさせる予定であるという。

「マトリックス」の第一作目公開から今年で20年を迎えるが、新しい物語はどう繰り広げられるのか、今から楽しみだ。

キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督

キアヌ・リーブス来日決定! 「ジョン・ウィック:パラベラム」シリーズ3作連続 ‥日本リスペクトがてんこ盛りの最新作を自ら日本のファンへお届け

2019年8月9日

「超いい人」キアヌ・リーヴスがネットで話題を独占! 愛されエピソードまとめ[動画あり]

2019年6月18日
ウィル・スミス

ウィル・スミスが、超大ヒット映画「マトリックス」出演を蹴った理由は?[動画]

2019年2月17日