チャーリー・プースの新曲はセレーナ・ゴメスについての歌? ファンがそう推測するワケとは・・・?

チャーリー・プースとセレーナ・ゴメス

シンガー・ソングライター&プロデューサーのチャーリー・プースが先日リリースした待望の新曲「アイ・ウォーンド・マイセルフ」が、歌手セレーナ・ゴメスのことを歌っているのではと話題となっている。

「僕は自分自身に警告した」という意味を持つ同曲について、チャーリーはリリース前から「この曲は、心の底では“良くない”と思っているけど、何度も、とある人の元へ戻ってしまうという曲」と、同曲の意味することをSNSで明かしていた。

チャーリー・プースは2018年、かなり短期間だが歌手のセレーナ・ゴメスと交際していた過去を告白。2人は楽曲「We Don't Talk Anymore」でコラボしている。

2018年当時チャーリーは「本当に一瞬で終わった交際だったけど、インパクトの強い恋愛だったよ。僕の心をズタズタにするほどのね。なるべく良い表現を選びながら言うよ、セレーナの心にいたのは僕1人じゃなかったんだ。それを僕はうすうす気付いていたし、自分がどんな状況に陥っているのかも分かっていた気がする」と激白している。

そんな過去を知っているファンは、今回の新曲を「セレーナのことなのでは」と予想。さらに同曲のMVにはセレーナに似ている女の子ばかり出演していることも指摘している。

「誰かチャーリーに電話して、セレーナの曲を作るのをやめてと言ってくれない?彼女が彼と寝なかったことにまだ怒ってるの?」(ファン)

同曲の歌詞には「火遊びをしないように自分に警告した/でもまたやるってわかってる/自分を信じるな、健康を害する/君は僕の心にちょっかいを出した/君が理由だ」「君が、誰にも言わないでって言ったの覚えてる?」などあり、たしかにセレーナとの恋を連想させるような内容を含んでいる。

チャーリーはどういった心境でこの楽曲を制作したのだろうか・・・。

Charlie Puth – I Warned Myself

ジャスティン・ビーバー、自身がプロデュースするブランド「Drew House」からなんと日本にインスパイアされたステッカーを制作していた[写真あり]

2019年8月21日

ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ビーバー、9月に挙式!? 入籍後1年でようやく実現か

2019年8月20日

ジャスティン・ビーバー、英語をちょっと間違える! 妻ヘイリーへの素敵なメッセージ、どこが違った?[写真あり]

2019年8月19日

ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィンが、ロサンゼルスで借りていた家が売りに出される! その驚愕のお値段と豪華な内部とは[写真あり]

2019年8月17日

ジャスティン・ビーバー、見事すぎるボールさばきを披露! 彼もハマる「テックボール」ってどんな競技?[動画あり]

2019年8月14日