ヒラリー・ダフ主演のディズニー・チャンネル人気ドラマ「リジー&Lizzie」が15年ぶりに復活決定[動画あり]

ヒラリー・ダフ

女優ヒラリー・ダフ主演のディズニー・チャンネル・ドラマ「リジー&Lizzie(原題:Lizzie McGuire)」の、続編シリーズが製作されることが決定した。Varietyなどが報じている。

「リジー&Lizzie」は2001年から2004年にかけてディズニー・チャンネルで放送されたドラマで、主人公である13歳のシャイな少女リジー・マグワイアが、親友ゴードやミランダと共に送る学校生活を描いたコメディ作品だ。リジ―の心の声としてアニメキャラクターのリジーが登場する。

テレビ版は全65話放送され、映画版「リージー・マグワイア・ムービー(原題:The Lizzie McGuire Movie)」(2003年)も公開された。同作は、主人公の姿がリアルだと共感を呼び大ヒットを飛ばし、ヒラリー・ダフの出世作となった。

そんな「リジー&Lizzie」が、最後の放送から15年が経った今、なんと続編が製作されることが決定したのだ。

現在米カリフォルニア州アナハイムで開催されているディズニーの大型ファンイベント「D23 Expo」にて、「リジー&Lizzie」の続編が製作されることが発表された。続編でもヒラリーがリジーを務め、物語の舞台はニューヨークで、大人になったリジーがオシャレなデコレーターとして働き、オシャレなレストランのオーナーと交際中で、もうすぐ30歳の誕生日を迎える…といった内容を描くというもの。また続編でもリジーの心の声のアニメキャラクターも登場し、ドタバタ劇が繰り広げられるという。

「D23 Expo」で登壇し続編発表をしたヒラリー↓↓

大人になったリジーについてヒラリーは「リジーは成長して、歳を重ね、寛大になり、そして靴の予算もすごくあがったの(笑)」とコメントしている。さらにオリジナル版でクリエイターを務めたテリー・ミンスキーも再びプロデューサーとなり、制作総指揮を務めることも明らかになった。この続編シリーズは、ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」で放送されるという。

ヒラリー・ダフ

ヒラリー・ダフが、悲劇の女優【シャロン・テート】を演じる新作予告動画が公開! ハリウッドで起きた「もっとも恐ろしい事件」を描く[動画]

2019年2月5日